このサイトを作った理由

私は学生時代からのアルバイト経験を含めて延べ20年近くに渡って不動産業界に従事してきました。

賃貸、売買それぞれの仲介やマンション開発、モデルルームの設営さらに新築マンションの販売等を経験しました。

個人でも2回にわたるマイホーム(2回とも戸建)の売買経験を通じて痛感したことは、「買う」より「売る」方が100倍大変です。

業界の暴露話になりますが、家を買う場合、中古住宅や土地に至っては、どこの不動産会社に仲介を依頼しても優劣は変わりません。

理由は簡単です。購入時は、どこの会社に媒介契約を依頼しようが不動産会社の力量が問われないからです。

例えば、三井不動産販売、住友不動産販売、東急リバブルなどの大手の仲介であろうが、近所の田中不動産に仲介を依頼しようが同じです。

なぜ力量が問われないかと言いますと、マイホームを購入する際は、「買います!」という意思表示さえ示せば契約~引き渡しに至るまで、買主側のスケジュール通りに進む場合がほとんどだからです。

購入の場合、不動産会社の力量が問われるケースは、売主への指値(値引き)交渉や引き渡しまでの段取りくらいです。

なお、値引き交渉については、これだけ新築物件が供給されている関係上、完全な買手市場です。正直、数十万レベルであれば簡単に値引きに応じる売主がほとんどです。

ですので、売却価格も指値(値引き)が入る前提で価格設定を行っています。

従って、指値交渉ですら不動産会社の力量が問われるケースが非常に少なくなってきているのが現状です。

むしろ、買いの場合は、田中不動産の方が仲介手数料を半額にしてくれるケースもあります。大手は、1円もまけてくれません。従って、中古物件や土地を購入する際は、仲介手数料を値引きしてくれる会社に依頼するのがベストです。

たとえ聞いたことも無いような不動産会社でも、とにかく仲介手数料が1円でも安い業者を介して購入することが賢い選択肢です。

しかしながら、売りに至っては、売主のスケジュール通りで進行することは100%ありません。理由は簡単です。これだけ新築住宅が過剰供給されている関係上、市場には新築、中古に関係なく不動産が溢れているからです。

実際、私は1件目の物件は、大阪府吹田市にある戸建を購入しました。物件の概要としては、バス便、土地35坪、建物30坪、築年数25年ながら内外装ともにフルリフォームの物件です。

一生の住家にするつもりだったのですが、仕事の関係で売らざるを得ない状況になりました。

実体験になりますが、売る時は買う時よりも100倍苦労したのを覚えています。週末になると不動産会社が家に内見希望者を案内してくれますが、なかなか成約しません。3ヶ月程、売却活動を実施しましたが、思うような成果が得られませんでした。

そこで、価格改定することになるわけですが、それでも3ヶ月売れませんでした。ちょうど、不動産会社との媒介契約も3ヶ月更新だったため、他の不動産会社へ依頼したところ、あっさりと成約しました。

成功の要因は、「戸建て物件の売却に長けた不動産会社に依頼した。」ことが一番の原因です。

当たり前だと思われるかもしれませが、不動産会社によって、得手不得手があるのはご存知でしょうか?

例えば、賃貸専門の不動産会社に売却を依頼しても専門外のため、うまくいくはずがありません。

こと売りに至っては、不動産会社による力量に大きな差がでます。従って業者選びが非常に重要です。

土地だったら土地の売却に長けている不動産会社。マンション、戸建ても同様です。

不動産業に従事しながら、「こと自分のことになってしまうと考えが抜け落ちてしまう。」とはお恥ずかしい限りです。

何度も申し上げますが、不動産の売りは買いより100倍難しく、仮に成約してもちょっとした不注意で契約が白紙になったり、最悪損害賠償を請求されるケースもあります。

従って、これから家、土地などの不動産を売却したい方に私のような失敗をして欲しくないと考えこのサイトを立ち上げました。

業界人しか知らない情報にこだわりました。

このサイトで公開している内容は、一般ではおおやけにされていない情報です。

ですが、家を売るにあたって、ぜひ知っておいて欲しい内容にこだわって公開しています。

本来でしたらこのサイトを隅々まで読んでいただき情報収集していただきたいのですが、時間の関係で難しい方も多いと思います。

そんな方には、訪問いただいたページに参考情報として別ページへ誘導していますので、ぜひ読んでみてください。家を売る際の参考になると思います。

なお、記載内容に関しては業界人であれば、知っている方も多いですし、目新しい内容ではないとは思いますが、不動産会社のサイトでは公開されていない内容です。理由は、このサイトに掲載している内容をサイト上に掲載してしまうと「クレームあるいはトラブル」の原因になる可能性が高いからです。

特に私が携わっていた不動産業界は、顧客からの「クレームやトラブル」を極端に嫌がります。ですので、どの不動産会社のサイトを見ても物件情報程度の内容しか掲載されていません。

この傾向は大手、中小に関係なくこの業界特有の傾向です。実際、私の7年上の先輩は、販売した顧客からクレームによって裁判沙汰にまで発展していまい、その後うつ病になってしまった人もいるくらいです。

それだけ、売主にとっては知っておいて損は無い情報でも、極力オープンにしたくない。それが、不動産業界です。

家を売るなら複数の不動産会社を比較することが重要

元業界人としての意見を述べさせていただくと、大手だから安心というわけではありません。

特に大手の場合は、担当者による力量の差が非常に大きく昨日、今日入った新入社員の場合、経験値が足りない分スムーズにいかないケースが多いです。

実は、前述の私の体験談は、当初大手に依頼したにも関わらずうまくいかなったケースです。

その後、無名ながら地元で真面目に営業活動を行っている会社に仲介を依頼したこところうまく成約しました。私は、業界歴20年ですが、この不動産会社の存在は全く知りませんでした。

全くお恥ずかしい限りです。業界歴20年の私が知らないくらいですから、一般の方でしたら、ほぼ知らないでしょう。

ですので、「大手だから家の売却に長けているだろう。」「無名の中小業者だからダメ。」という理由は一切通用しない。

これが不動産業界の実情でもあります。従って、家を売る際は、不動産会社の選定が非常に重要です。

そこで私が特にお勧めしたい選定方法は、不動産の一括査定サイトを活用すれば、全国1,000社以上の不動産会社が登録されていますので、自分にぴったりの不動産会社を選定することができます。

通常3社程度比較すれば、家の売却に精通している業者が見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

あるいは、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)の方であれば、売主の利益を100%守ると宣言している不動産会社へ依頼するのもよいでしょう。現役時代の仲間が多数在籍していますので、売却で失敗することはありません。安心して利用して欲しいです。

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用したサービスをご紹介しています。

サービス内容や申し込み方法等については、リンク先の各サービスの申し込みページにある詳細情報をご確認ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ