売却希望価格で土地を売る秘訣

売却希望価格で土地を売るためには、土地の一括査定サービスを利用するといいでしょう。

あるいは、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)の方であれば、売主の利益を100%守ると宣言している不動産会社へ依頼するのもよいでしょう。

1都3県以外の愛知県、大阪府、兵庫県、京都府の方は、こちらの不動産会社も断然お勧めです。

現役時代の仲間が多数在籍していますので、売却で失敗することはありません。安心して利用して欲しいです。

いろいろな不動産会社の比較ができるため、それらの査定額の平均値を知ることで、土地の相場もわかってくるのです。

パソコンが普及することで、不動産業者を探すのが格段に楽になりました。

手続きがスピーディーになり、売りたいタイミングで売ることができるようになったのです。

複数の業者と比較することで、交渉を有利に進めることができます。他社とも比較していることを伝えれば、業者側としてもむやみな値下げはできないでしょう。

ライバル業者に負けないために、本来よりも高値を提示してくれる可能性が高いです。高額な土地になるほど、各社の評価額に大きな差が生じると考えていいでしょう。

業者によって50万円以上も差が出ることは少なくありません。一括査定サービスを利用するメリットはほかにもあります。

悪質業者を避けられること、実績・信頼性の高い業者が集まっていること、売り手の目線で比較検証できること、などです。

不動産業者は規模が大きいから安心とは限りません。もちろん実績は重要ですが、評価額(査定額)の高さ、サポート制度なども関係してきます。

地域密着型の業者もあるため、エリア別に選ぶことも必要になるでしょう。「とにかく早く売却したい」という方は、大手を選ぶメリットが大きいでしょう。

更地物件など購入者が限定される物件の販売力にも長けています。どの業者を選択するかについては、各業者と相談・交渉をしながら絞っていくことになります。

「この業者を選んでおけば間違いない」といった王道パターンはありません。

土地の相場を知ろう

土地の適正相場を知ってから、売却の準備に入りましょう。一括査定サービスを利用すれば、不動産業者の比較が簡単に行えますが、自分自身で大まかな相場を調べておくことも大切となります。

相場を知っておいたほうが、業者との交渉でも対等に渡り合えるからです。土地相場を知るためには、周辺地域の売却物件を調べるのが一番よくわかります。

似たような面積・形状・立地条件であれば、大まかな目安額となることでしょう。世の中には、ひとつとして同じ物件はありません。

これがクルマや家具の売却と違うところなのです。相場がわからないからこそ、高く売りたいという気持ちが先走り、相場を大きく超える高値を設定してしまうこともあります。

相場に見合わない高値での売却を希望しても売れません。買い手がつかなければ、結局は時間のムダになってしまうでしょう。

ムダな時間を作らないためにも、大まかな相場は知っておくべきなのです。オンラインの一括査定サービスは、すべて無料となっています。

途中でキャンセルをしても、1円もお金はかかりませんので、まずはこうしたサイトを利用して相場を調べておきましょう。

【参 考】
高く家を売る場合、営業マンへの別途手数料も有り
古家(建物)付き土地VS更地:高く売れるのはどっち?

最適な用途はどう調べる?

土地売却の仲介を不動産業者に依頼する場合、「最適な用途を導き出してくれるか?」が重要となります。

ある場所では田として活用するのが一番だけど、またある場所では駐車場にするのが最適かもしれません。

最適な用途を把握していくことで、適正な価値がわかってくるものです。

価値がわかれば、具体的な売値を設定しやすいでしょう。価値があいまいな状態では、売値の設定も難しく、結局安くしすぎて損をしてしまうケースもあります。

これには不動産業者の販売能力・買い手との交渉力も関係してきます。自社の利益ばかり追求する悪徳不動産業者も残念ながら存在しています。

その反面、顧客重視で徹底サポートしてくれる業者もあり、希望額よりも300万円以上アップしたという話も聞かれています。不動産は焦って売れば失敗します。

売るべき最適なタイミングがあります。早く売りたい気持ちはわかりますが、少し待ったほうが高値がつくことも多いのです。

不動産業者選びでは、対応が丁寧で、顧客主義のところを探したいものです。土地の不具合・諸費用など、売り手に不利なことも隠さず話してくれる業者のほうが安心できるものです。

評価に影響する要素

土地売却において有利となる条件は、正方形であることです。面積が同じでも、長方形になると利用用途が限られてくるのです。また、道路から近い、高低差はない、整備された更地、なども有利な条件となります。

不利になる条件は、正方形ではない形状、擁壁・造成・アスファルト撤去などの工事が必要、再利用できない建物がある、荒地になっている、日照時間が把握できない、道路までの距離が長い、境界線が不明、地面に基礎が残っている、などです。

利便性が高い(使いやすい土地)ほど価値も高くなり、その逆は価値が低くなります。土地の価値を決める要素は多岐にわたります。

個人で売ろうとしても、なかなかうまくいきませんし、たとえ売れても相場を大幅に下回る金額で叩き売ってしまうことも少なくありません。不動産会社に依頼したほうが、高額売却、契約後のトラブル回避などのメリットを期待できます。

「利用用途が限られている。」「建ぺい率、容積率が厳しいエリアなのでまともな住宅が建てられない。」など不利な条件の土地を売却しなければならない方は、一括査定サイトで不利な物件を売却することに長けた不動産会社に依頼するのがベストです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ