土地売却が得意な不動産会社を探そう

土地を高く売るためには、土地売却が得意な不動産会社のサービスを利用するべきでしょう。

コストを抑えるために個人で不動産の相場検索・売買方法などを調べる方もおりますが、この方法で高く手放すことは困難です。

買い手側が不利な条件を提示してきても、それが適性相場かどうか判断できないからです。不動産会社にはそれぞれ得意分野が異なります。

土地の売却実績が多い会社を探す

業者選びでは、売却実績の多いところを探すべきでしょう。賃貸メイン、投資関連など、業者によって特徴が異なるため、「不動産会社ならどこに任せても安心」と考えないことです。

「相場動向に敏感な業者」「リフォームをしてから付加価値を高めて売ることが得意な業者」などなど。オンラインの不動産業者一括査定サイトを利用すれば、条件にマッチした業者が見つかるはずです。

「どのような買い手をターゲットにしたいのか?」「更地で売るのか? それとも、古家を残した状態で売るのか?」といった条件によっても、適正な業者は異なってくるものです。

自分で業者探しをすると、賃貸物件メインの業者に依頼してしまう可能性もあるでしょう。売買実績が少ない業者であれば、土地の適正な評価額について詳しく知らないものです。

業者のホームページを見れば、得意とするサービスを把握できるでしょう。ホームページには会社の性格が表れてしまうものです。

あるいは、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)の方であれば、売主の利益を100%守ると宣言している不動産会社へ依頼するのもよいでしょう。

1都3県以外の愛知県、大阪府、兵庫県、京都府の方は、こちらの不動産会社も断然お勧めです。

現役時代の仲間が多数在籍していますので、売却で失敗することはありません。安心して利用して欲しいです。

信頼できる業者を探そう

不動産という高額物件を売るゆえに、仲介を依頼する不動産業者は信頼できるところを選びたいものです。早く売ることばかりに注力し、売り手の都合を無視する業者はいけません。

本当によい業者というのは、売り手の今後のライフプランまで考慮してくれるものです。「土地を売却して現金にかえる」「売却益で新しい家を建てる」「リフォーム資金の確保」などなど。

実際に信頼できる業者かどうかは、依頼するまでわからないのが現状ですが、対応力には絶対に表れるものです。

「初期対応が悪く、契約を急かせてくる」「売り手の意向を無視し、とにかく早く売りたいという気持ちが伝わってくる」などなど。利益重視の業者ほど顧客を軽視する傾向があるものです。

まずは評判の悪い業者を選択肢から除外する

業者の対応力の善し悪しについては、実際に業者側の担当者と交渉してみないとわかりません。専門用語ばかり並べてくるのではなく、素人にもわかりやすい言葉で話してくれたほうが、売り手としては安心できるものです。

また、質問をしたときに話題を変えてきたり、具体的な説明がなかったり。こうした業者も避けたほうがいいでしょう。

オンラインの不動産業者一括査定サイトを利用すれば、悪質な業者に遭遇する確率は低くなります。評判の悪い業者は、サイト登録から除外されてしまうからです。

一括査定サイトを活用して販売戦略に長けた不動産会社を探しましょう。通常、3社程度比較すれば自分にぴったりの業者が見つかります。

【参 考】
高低差のある土地を売る際の注意点
土地を売って売却益が出た場合の税金について

担当者のここを見よう

不動産業者の担当者と会うときは、必ず名刺をチェックしたいものです。宅地建物取引主任者と記載されているでしょうか?

重要事項説明、重要事項説明書面への記名・押印、などの手続きは、宅地建物取引主任者でなければ行えません。

業者の性質は、担当者の対応力にも表れるものです。実際に会話をしてみて、大切な物件売却を任せられるかどうか判断していきます。

いい加減な業者ほど、手続きを早く進めようとしてくるものです。

売り手の意見をよく聞いてくれない担当者だと判断したら、依頼するのは避けたほうがいいでしょう。

その意味でも宅建の資格を持っているか?否かは担当としては、最低限のスキル要件になります。ぜひ、確認してみてください。

悪質業者を見分けるポイント

なお、悪質な業者に共通するのは、人の話を聞いてくれないことです。実際に会話してみて、不快に感じられたら要注意です。

契約前にこうした態度を感じられたら、契約後に問題・トラブルが生じて連絡しても、相手にはしてくれないでしょう。

契約後の対応はもっと悪化すると考えて間違いありません。電話・面会の対応に限らず、初期対応で問題がある業者に依頼してはいけません。

プロほど説明がわかりやすいもの

担当者から専門用語を並べられれば、「さすがプロ」と思ってしまうかもしれません。しかし、これは間違いなのです。

本当のプロというのは、説明が非常にわかりやすいものです。説明がわかりにくく、専門用語ばかり並べてくる場合、担当者自身の知識も乏しいケースが多いのです。

人に詳しく説明するためには、何よりも自分が一番理解していなければなりません。デメリットを説明してくれることも重要です。

都合の悪いことを隠すのはトラブルのもと

土地を売るにあたり、デメリット・リスクは必ずあるものです。メリットしか話さない担当者は、デメリットを隠していると考えていいでしょう。こうした業者は信用に値しません。

交渉の場では、あなた(売り手)が担当者に対して、所有する土地のデメリットを説明しておくことも大切です。

都合の悪いことを隠していると、買い手とのトラブルにもつながりかねません。特に境界線の確定に関しては、よく問題になるので、事前に測量をして境界線確定をしておく必要があるでしょう。

トラブルの原因が売り手にある場合は、売り手が補償をしなければいけません。不具合・欠陥を隠していたばかりに、大損してしまうという事例は多々あるのです。

不動産の一括サイトを活用して自分にぴったりの不動産業者を探すことは非常に重要です。売却業者の選定がまだの方は、活用されることをお勧めいたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ