運命の買い手のために、最善を尽くそう。売却マンションの内覧に来ない時の、理由と改善策を詳しく解説

マンションを売りに出したけれど、なかなか内覧者が来ない、とあせってはいませんか?その理由はいったい何でしょうか。

物件に魅力が足りないから?価格が高いから?

そもそも、物件自体が知られていない?マンションの買い手は、内覧をしないで購入を決断することはまずありません。

マンション売却につながる最初のステップは「気になる」「見たい」と思っていただくことです。今回は、マンション売却を決めた後に内覧者が来ない場合の問題点とその解決策を、詳しくご説明します。

内覧に来ない理由はどこにある?不動産会社選びの注意点

効果的な売却活動はなされていますか?

不動産会社に依頼をして、マンションの査定をして、売却価格を決定し、媒介契約をする。この段取りを経て、不動産会社はマンションの売却活動を開始します。

レインズという、全国の不動産業者が閲覧をするサイトに登録されると、マンションの情報が広く知れ渡ることになります。

売りに出された物件はホームページやチラシ、新聞折り込みなど、様々な広告媒体を使って売却活動が行われます。

これらの不動産会社の取り組みが活発でない場合は、マンションの情報そのものが、購入希望者に伝わりきれていないことになります。

売却活動が充実していれば、内覧者が来る確率は上がります。売り手本人も売却活動に関心を持ち、不動産会社に頼みっぱなしにしないで、どのような広告活動がなされているか定期的に確認しましょう。

売り手が損をする?不動産会社の「囲い込み」とは

不動産会社が意図的にマンションの情報を広めていない場合もあります。その理由は、仲介手数料の独り占めにあり、これは物件の「囲い込み」です。

大手不動産ポータルサイトに物件情報を掲載するのでなく、自社のホームページにのみ掲載し、マンションの情報を隠そうとしている可能性も考えられます。

頼りになる不動産会社を選ぶポイント

では囲い込みなどをしない頼りになる不動産会社は、どのように出会えばいいのでしょうか。まず不動産会社を選ぶ時は、一社でなく複数の会社を比較して検討しましょう。

マンションの内覧は、売り手に直接申し込まれるのではなく、不動産会社を通して行われます。

熱意を持って、親身に売り手の気持ちに寄り添ってくれる営業マンがいる、二人三脚で売却活動をサポートしてくれる不動産会社を選びたいですね。

万が一、現在の営業マンが熱心でない場合は、思いきって不動産会社を変更するのもひとつの方法です。

マンションの内覧から売却は、売り手にとって一生に関わる大きなことです。大切な資産を預けるのですから、不動産会社や営業マンとの信頼関係は最も重要です。

マンションの需要を確認して適切に対処しよう

売れやすい物件と売れにくい物件の違いはどこにある?

同じ間取りであっても、状態が良いマンションは状態の良くないマンションにくらべて売れやすいと言えます。

また、長年住んでキズや消耗があっても、メンテナンスや小規模な取替工事をすることによって、そのままにしている物件よりも、内覧や売却がしやすくなります。

また、マンションの売却価格が、相場や広さ・築年数に対して安い場合は売れやすく、高い場合は売れにくくなります。

相場に対して販売価格は適切ですか?

マンションの内覧が来ない、売れにくいという場合、どのような原因があるのか、価格相場の点から見ていきましょう。

  • その地域のマンションの相場価格より高い価格設定になっている
  • 物件が狭いのに価格が高い
  • 築年数が経っているが価格が高い
  • 管理費がネックになっている
  • マンションの立地や治安が気にかかる
  • 高級住宅地、比較的手頃な価格の物件が多い町など、特性に釣り合った価格になっていない

どんなにマンションが魅力的な建物であっても、相場より高い価格設定であれば、内覧や売却は難しくなります。

もし相場より高い設定になっている場合は、適切な価格へ値下げすることも考慮に入れましょう。

需要がない時はどうすればいい?改善策を考える

マンションの需要を増やすための対策をいくつかご紹介します。

需要があるまで気長に待つ

マンションの価格を下げたくない場合は、時間をかけて買い手が見つかるのを待つことになります。

価格を下げる

どこまでなら値引きができるのか、損をしないのか、調整が必要です。また、価格が下がったことをお知らせして、内覧や購入を促進する活動も大切です。

付加価値を付ける

同じ価格でも特典が付いている物件に購入者は魅力を感じます。「家具が付いている」「リフォーム済できれい」など、購入検討者が魅力に感じるポイントを加えましょう。

マンションの魅力を伝える広告を作成する

たとえ今は需要がなくても、物件の写真や長所の伝え方で、購入者が内覧したくなる工夫をすることは十分に可能です。積極的にマンションを良く見せる工夫をしていきましょう。

内覧に来ないと嘆く前に… 自分でもできる、物件の魅力アップ策

見たい!住みたい!と好印象を与える工夫

もし自分が購入者だったら、どんなマンションが気になって、見てみたい!住んでみたい!と思えるでしょうか。

買い物をするときには、少ない情報より多くの情報から検討したいものです。内覧者や購入者にとって親切な、見てみないと分からない物件の細かな特徴や長所を十分に説明しましょう。

なかなか内覧者が来ないという時は、不動産会社のホームページやチラシに掲載されている、マンションの写真や情報を再度確認して、修正することも必要です。

物件の写真は実際より古く見えたり狭く見えたりしないように、写真撮影時の天候や時間帯、自然光や明るさにも配慮して、魅力的な写真を掲載しましょう。

広告が与える印象は、写真や文章ひとつで大きく変わるものです。売却物件の良いところやオススメのポイントは、不動産会社以上に、長年住んだ売り手が最もよくわかっています。

売り手自身が熱意を持ってマンションの情報を紹介すると、その魅力はより伝わりやすくなります。

マンションは売り手の大切な資産です。多くの内覧者や購入検討者と出会えるように、不動産会社任せにするのではなく、積極的に物件をアピールしていきましょう。

内覧をする時、買い手はここを見ている

玄関

玄関は誰もが最初に物件と出会う場です。人間と同じく、マンションも第一印象か良くないと、それ以上付き合ってもらうことが難しくなります。

家の顔とも言える玄関は、物を少なくしてすっきりと、きれいに掃除をしておきましょう。ほこりや靴の泥汚れはしっかりと取り除きましょう。

内覧に訪れた人が気持ち良く感じ、室内をもっと見たいと関心を寄せてもらえるきっかけの空間にすることが大切です。

水回り

トイレ

清潔感は何より重要です。こまめに掃除をして、匂いがしないように10分気をつけましょう。

新しいスミでか頻繁に使う場所の1つデスです。内乱者がないらんしゃわしっかりと状態をチェックしています

浴室

湿気が多く、カビや水垢の月バスつきやすい場所です。また特に女性わこだわる場所の1つデスです。掃除の際はしっかりと乾燥させて、ものもすっきりと片付けておきましょう。

収納

物を片付けて、すっきりとしておきましょう。内覧時に収納を見て、使い勝手や、しまえる物の量や確認することは、住み手にとって最も気になる点のひとつです。

部屋全般

部屋全体が広く見えるよう、物はあまり置かないで整理しておきましょう。また、部屋が明るく感じられることも大切です。

もし古くなって暗い照明器具があるようなら交換しておきましょう。壁紙などの汚れを落としておくことも大切です。

損して得取る、売却物件に付加価値をつける方法とは (内容:内覧前にすべきリフォームなど)

ある程度の年数を住んだマンションは、自然とキズがついたり、ほころんだりするものです。キズや汚れをそのままにして売却活動をすると、値引き交渉の対象になる可能性があります。

誰だって、きれいに整っている家に住みたいですよね。 大がかりでないメンテナンスなら、それ程高い費用はかかりません。

売却の前に整えて、結果的に高く売れた方がオトクになります。せっかく購入を検討して内覧に来てくれるのですから、物件の魅力をより多く感じてもらえるよう、事前にできる限りの対処をしておきましょう。

まとめ

時間を作って来てくれた内覧者には、マンションをじっくり詳しく見ていただきたいですよね。マンションの売却を決めたのに、内覧が来ない。

そんな時も、あきらめる必要はありません。物件を広く知ってもらい、その魅力や価値を伝えることを、売り手自身が努力することで改善することができます。

ひとりでも多くの内覧者に出会い、マンションを気に入ってもらうために、不動産任せの受け身ではなく、自分でもできることをぜひ実践してみてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ