札幌のマンションを上手に売却する方法

札幌でマンションを売却する場合、他の地域とは異なる注意点がいくつかあります。

それは雪対策です。2020年の東京オリンピック・パラリンピック決定後、日本の不動産は海外投資家からも人気となり、その影響は札幌にまで及んでいます。

その結果、数年前よりも新築マンション・中古マンションの価格は高騰しています。しかし先ほどもお話ししたように札幌では雪について考慮しながら売却活動を行わなければならないのです。

では一体どんなことに注意してマンション売却を進めたらいいのか見ていきましょう。

【目 次】
  1. 札幌のマンションを上手に売却する為に市場の状況を知る
  2. 札幌のマンションを上手に売却する為に注意すべきこと
  3. 札幌のマンションを上手に売却する為に人気物件を知る
  4. 札幌のマンションを上手に売却する為のコツ
  5. 札幌のマンションを上手に売却する為のまとめ

札幌のマンションを上手に売却する為に市場の状況を知る

北海道では、道内の9割の市町村で人口の流出が進んでいます。

函館市、小樽市、釧路市、室蘭市など人口の転出がとても多い市町村の人口は、現在札幌市もしくは東京県内に移住している傾向にあります。

その結果札幌の人口は増え続け、195万人と増加傾向に有り、横浜市・大阪市・名古屋市に次ぐ大都市として成長しています。

そんな大都市の札幌の近年のマンション動向について見ていきましょう。

札幌のマンションの売却の相場

2020年東京オリンピック・パラリンピック決定より日本全国のマンション価格は高騰し、その影響は札幌にまで及んでいます。

そして新築マンション・中古マンション共に10年前と比べるとかなりの価格高騰が見てとれます。

例えば2008年に築7年で2190万円で売り出しに出ていた4LDKのマンションが、現在築16年3080万円で売り出されているところから見ても値上がりを実感されることでしょう。

現在札幌のマンションは購入時よりも高値で売却出来る可能性があるのです。

そして2017年の札幌の中古マンションの相場で見ると、平均値は坪あたり69.4万円となり、1年前よりも4.6%上昇しています。

しかし上がり幅が減ってきているところを見ると、価格高騰はそろそろ終わりを迎える頃と言えるでしょう。

その理由として、いままで札幌の新築マンションの価格が高騰しすぎたために、中古マンション購入に流れていた人たちが価格の下がってきた新築マンション購入に進み出したからです。

新築マンションの価格の落ち着き理由は下記と言われています。

  • 建築費の高騰が落ち着いてきた
  • 住宅ローン最低水準は続く
  • 札幌市内再開発で新築マンションの供給が増える

上記のように、新築マンションが購入しやすくなることで、中古マンション市場は今後下がっていく可能性があるのです。

札幌のマンションの売却はいつ頃すべきなのか

札幌の中古マンションは現在一番高騰しており、今後下落する可能性があるとお話ししました。そう考えると札幌のマンションの売却のタイミングはいつなのでしょうか?

結論から申し上げると『今』です。価格が上がりきっている今マンション売却を進めないと、高値では売却出来ないと思って下さい。

札幌のマンションを上手に売却する為に注意すべきこと

今後中古マンションではなく新築マンションの市場が拡大しそうな札幌のマンションですが、北海道ならではの注意点がいくつかありますので見ていきましょう。

北国ならではの注意点

人口が集中していて、今なら中古マンションを売却しやすい札幌ですが、北国ならではの注意すべき点があります。

それは雪により駅からの距離が大きく影響するという点です。東京であれば駅から徒歩10分と聞けば、駅からも近く優良物件と言う印象を与えます。

しかし札幌の場合、徒歩10分は冬場の吹雪の中歩くことを考えると下落する傾向にある距離なのです。他の都市よりも駅からの距離が重要だと言うことを覚えておいて下さい。

重要なのは不動産会社選び

マンションを売却する時の重要なポイントの一つに『不動産会社選び』があります。

どこの都市でマンションを売却したとしても、複数の不動産会社に査定依頼することは忘れないで下さい。複数の不動産会社に査定依頼する理由は下記の通りです。

  • 1社だけでは価格相場がわからない
  • 1社だけでは見極められない
  • 1社だけでは不動産会社も頑張らない
  • 1社だけでは視野が狭まる

上記の理由により、マンションを売却する際には複数の不動産会社から査定依頼をして下さい。そして複数の不動産会社を選択する際に、必ず含んで欲しいのが地元の不動産会社です。

札幌のマンションの売却の場合は特に、道内の人でなければわからない知識を多く持っていた方が有利な可能性があります。

特に雪に関しては、地元の人でないとわからない部分が多くあることでしょう。

大手不動産会社と、地元も不動産会社に査定依頼したときのメリットをご紹介します。

大手不動産会社のメリット

  • 自社で持つ顧客が多い
  • 広告宣伝費が豊富
  • 知名度がある
  • 営業人員が多数いるため対応しやすい

地元の不動産会社のメリット

  • 独自のネットワークを持つ
  • 業者間のネットワークを持つ
  • 地域情報に詳しい
  • 親身になってくれる可能性が高い

大手不動産会社と、地元不動産共にメリットがありますが、比較すると、札幌の中でも中央区のマンションの場合は大手不動産会社でも問題ないでしょう。

しかしその他の地域の場合には打ち合わせや、内覧等を考えると地元の不動産会社の方がスムーズかもしれません。

しかし全ては査定をどう出してくるかです。そこを重要視して不動産会社を選びましょう。

絶対に損しないための売却方法

上手に売却する為には複数の不動産会社から査定をすることが大切だと言うことがわかりましたが、絶対に損をしないための売却の流れをご紹介しましょう。

① マンションの相場を知る

インターネットで検索をすれば、お持ちの札幌のマンションの相場の価格を知ることが出来ます。

新築マンションの高騰が続いて、中古マンション市場が拡大中の地域だからこそ、だいたいいくらくらいで売買取引がされているのか知ることはとても重要なのです。

また所有しているマンションの魅力を把握しておきましょう。自身で理解していれば、内覧の時に購入希望者にも話をすることが出来るので、事前に調べておくことは大切です。

また最低売却価格を設定しておきましょう。近年、購入したときよりも価格が上がっているので、いくらくらいで設定したらいいのか悩まれるかもしれません。

しかし売却出来そうな価格を考えるのではなく、住宅ローンの残債と比較して決定することが大切なのです。

② 複数の不動産会社から査定を取る

先ほど複数の不動産会社に査定依頼する重要性をご説明しましたが、これは絶対に守らなくてはなりません。大手不動産会社と、地元の不動産会社両方を含んで下さい。

中央区など主要部の場合には、大手不動産会社を多く含んでも良いかもしれません。

そして賃貸物件をメインに扱う不動産会社は、やはり賃貸が得意です。同じ不動産会社でも得意不得意がありますので注意しましょう。

③ 不動産会社を選ぶ

先ほどもご説明しましたが査定額を比較する際に重要なのは、その査定額に至った根拠です。

中古マンション市場が拡大している札幌だからこそ、具体的なマーケティングを行い、根拠ある査定額が出ているのかが重要と言えます。しっかりとマーケティングされている不動産会社は、査定額=適正価格です。

査定額を提示してきたときに下記について質問し、不動産を選択する参考にして下さい。

  • 売却のターゲットは誰としているのか
  • 近隣のマンションの売却実績と、売却件数
  • その査定額に至った具体的根拠

上記をスムーズに答えることが出来る不動産会社は、しっかりとマーケティングをしている可能性があります。

札幌の場合、観光地のホテルの宿泊費が高騰している影響で、首都圏に住んでいた人がセカンドハウスを購入するケースも多く見られます。しっかりニーズをつかむべきでしょう。

また絶対にしてはいけないのが、査定額が一番高い不動産会社に決めることです。もちろんその価格に根拠があれば良いですが、査定額=売却価格ではありませんので注意して下さい。

④ 専任媒介契約

まずは専任媒介契約で札幌のマンション売却を進めましょう。基本的に専任媒介契約の方が不動産会社も優先的に進めてくれる傾向にあります。

また業務報告も頻繁に行われますので安心感もあることでしょう。しかし1ヶ月~2ヶ月たっても売却が進まないようであればすぐに方法を考えなくてはなりません。

これから中古マンション市場は厳しい状況を迎えることでしょう。また2020年に東京オリンピック・パラリンピックが終了すると価格が下落するとも言われています。とにかく早く動き出す必要があるのです。

⑤ 売り出し価格を決める

信頼できる不動産会社と契約しても、最終的な売り出し価格の決定は自分行って下さい。もちろん専門知識の持っている不動産会社の意見は重要です。

しかしマンションの売却を満足した物にするのは自分自身です。不動産会社に任せっきりにしてしまうと、売却が進まないと不安に感じたり不信感を持ってしまう可能性があります。

マンション売却を納得できるものとするためには、自分で最終的な売り出し価格を決めることをお勧めします。

⑥ 内覧は自身が出来る唯一の営業活動

マンションの売却の流れの多くの営業活動は、不動産会社が行います。その為売り主が出来る営業はとても限られており、その一つが内覧会なのです。

マンションの売り出しを開始すると内覧希望者から不動産会社を通して内覧依頼が来ます。この内覧で最終的に売却を決定することになりますのでしっかりポイントを押さえて取り組んで下さい。

近年内覧は2回~3回する人が増えていますのでそれも認識しておくと良いでしょう。

・清掃はぬかりなく

内覧は普通のお客様が来るのとは異なります。

収納の内部・水廻りも見られることがありますので注意して下さい。どうしても見られたくない物は、移動できる家具(マンションの備え付けでない家具)にしまいましょう。

もちろん見せたくない場所は見せなくても構いません。しかしその場所が多いほど、購入者に対しての印象は悪くなりますのでご注意下さい。

昼間でも照明はつける

室内を明るく見せるため昼間でも照明をつけてカーテンを開けて下さい。

室内の雰囲気は内覧者にとってとても重要になりますので、明るい印象を残すことを心がけましょう。

臭いに気をつける

特に下足棚など異臭には気をつけて下さい。購入希望者はこれからその下足棚を使うことになるのです。その点を理解しながら清掃して下さい。

ただし過剰な芳香剤はかえってマイナスとなります。また来る直前には窓を開け空気の入れ替えを行うとよいでしょう。

住むことを想像してもらう

新築マンションのモデルルームで、素敵な家具が並んでいるとこんな部屋に住みたいなと思う物です。

中古マンションを同様です。自身が住むことを想像してもらえるよう、出来る限りインテリアに気をつけて下さい。自信がない人は花を飾るだけでもいいでしょう。

少しの心配りで内覧者の印象は良くなります。

内覧の立ち会いは奥様1人が良い

ついつい気になって家族全員で内覧の立ち会いをしてしまいがちですが、奥様1人の立ち会いにしましょう。

その理由はその場で決定しなくて済むと言うことです。例えば『このエアコンも置いていってもらえますか』などと言われると、『主人に確認します』と言えばそこで決定しなくてすむのです。

夫婦で立ち会うと、予想外のことを言われたときついつい断りづらくなり判断を誤ってしまうことがあります。

そして後で後悔することになりますので、それを回避するために奥様1人での内覧立ち会いがお勧めです。

⑦ 売買契約成立

札幌のマンションを上手に売却する為に人気物件を知る

札幌のマンションを上手に売却する為にどうしたらいいのかわかったところで、気になるのが人気物件です。一体札幌ではどんな物件が人気なのか見ていきましょう。

雪対策

札幌に住む時に配慮しなくてはならないのが雪対策です。マンションだから問題ないと考える人も多いでしょうが、実は生活する上で雪に対してどう考えているマンションか重要になります。

まずは雪が降ったときに、管理人さんで除雪をしてくれるマンションと住人が協力して行うマンション様々です。そんな中特に人気の設備が下記になります。

  • ロードヒーティング
  • 屋根付き駐車場
  • 市の除雪が無料で受けられる幅員8m以上の公道に面している

上記の設備があると、除雪・融雪・排雪が考えられているマンションと人気です。

内廊下のマンション

これも札幌ならではの人気物件ですが、内廊下になっているマンションの人気が高いです。外廊下や外階段の場合、冬場には雪が積もり凍結の恐れがあります。

また冬場に売却活動を行っても買い手は一向に現れないのです。一方内廊下であれば雪や凍結の心配ないのでとても人気と言えます。

駅近物件

駅に近い物件は、札幌だけでなく全国共通で人気ですが、札幌も同様です。

車社会の札幌ですが、電車を利用する場合もあり吹雪いてしまった場合に駅から徒歩5分以内で到着できる物件はとても人気があるのです。

札幌のマンションを上手に売却する為のコツ

札幌のマンションを上手に売却する為に様々なことがわかりましたが、やはり重要となって来るのは『雪』です。その為条件の悪いマンションほど、売却時期を考えなくてはならないのです。

そして大切なのが、売却活動は冬を避けると言うことです。雪のシーズンに内覧などになってしまうと、マイナスの状況が全て見て取れます。

もちろん売却の際にある程度の情報は申し伝えなくてはなりませんが、なるべく内覧は雪のシーズンを避けるように設定して下さい。

札幌のマンションを上手に売却する為のまとめ

これから中古マンション市場は厳しい状況に入っていくのかもしれませんが、それでも売り方さえ間違わなければ『早く・高く』上手に売却することは可能です。

その為にはすぐに売却準備に取りかかる必要があります。札幌で上手にマンションを売却するポイントは『雪』を味方にすることです。ポイントを押さえて上手に札幌のマンションを売却しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ