マンションの査定、後悔しない為の知っておきたい事

マンションを売却するとき、少しでも高く売りたいですよね。実は同じマンション売却でも数百万円の違いが出てるってご存じですか?

売却のためのノウハウを知らないと、数百万円も損をしてしまうのです。少しでも高値で早く売る方法をご紹介します。これから売却予定の方は必見です!!

マンション査定から売却までの流れは?

マンションを売却しようと思ったらどうしたらいいのかまずは流れを知っておきましょう。

① いくら程度で売却可能か物件の相場を調べます。

現在はインターネットで検索をすれば過去の売却履歴が出て来ますのですぐに調べることが出来ます。

また同じマンションでもフロアーや向きによっても大幅に変わりますのでその点もリサーチが必要です。

②不動産会社を探す

売却をする上でこの作業が一番大切です。信頼できる不動産会社を探します。

③ 物件価格の査定をしてもらう

プロの目で見て査定してもらいましょう。ただし1社ではなく複数社の査定をしてもらうこと
をお勧めします。

④ 不動産会社の決定

売却の依頼をする不動産を決定したら『媒介契約』を結びます。主な媒介契約は3種類ありますのでそれについても慎重に決めなければなりません。

⑤不動産を売り出す

売り出し価格は売却のスピードにも大きく影響します。

⑥売却希望者との交渉

売却希望者が出ると内覧希望や条件交渉などが出てきます。その点でも不動産会社は重要な動きをしてくれますので不動産会社の決定は重要なのです。

⑦売買契約を結ぶ

売却条件の合意が出来たら飼い主と売買契約を結びます。通常物件価格の10%~20%程度の手付金を受け取ることになります。

⑧物件引き渡し

引き渡しの際は、売買代金を受け取るのと共に登記申請(抵当権抹消・所有権の移転)も行います。また細かい設備や引き渡し条件通りかも再度飼い主と確認し合いながら引き渡しを行います。

マンション売却のおすすめ時期はいつ?!

以前マンション売却のシーズンは、新生活を送る4月を引き渡し時期とした物件が多い傾向にありましたが、現在では一年を通して時期は関係ないようです。

しかし東京の物件に関しては、東京オリンピック開催までの時期に売却することをお勧めします。

その理由としては、東京オリンピックが決まってから不動産の価格は高騰しています。また外国人の投資家が東京の物件に目をつけていることからマンション価格が高騰していると言えます。

そして人件費の高騰により、新築物件も金額が高騰しているので中古市場も値が上がってきているのです。

売却時期を東京オリンピック後にしてしまうと、物件価格が減少する可能性が出てきます。選手村をはじめとするオリンピック用の施設が空き、建設ラッシュも落ち着いてしまうことから人件費も通常価格に戻ると考えられます。

以上のことにより、今売却を検討されている方は早めに行動することをお勧めします。

こんなマンションは早めに売却しよう!

実は近年、新築マンションの販売件数よりも中古マンションの件数が多くなったと言う驚くべきニュースが飛び混んできました。

今までマイホーム=新築のイメージを強く持っていた日本人でしたが、今は中古マンション販売個数が伸びているのです。

要因としては、東京オリンピックの決定を受けて人件費の高騰による新築マンションの値上げと中古物件購入者向けの減税などが充実したことが考えられます。

そんな中古マンション売却にお勧めの時期でも、早めに売却準備を進めた方がいい物件があります。次にご紹介しましょう。

① 築年数が15年以上経っている物件

購入者は中古マンションを検索する上で築年数を条件の一つとしています。そんな中まず検索し始めるのは築年数10年以内になります。

しかし条件次第で11年~14年位は許容範囲に含めるばあいもありますが、15年以上なってしまうと検索段階ではじかれてしまうため、人の目に触れる機会が減ってしまうのです。

② 駐車場が確保出来ない

都心部では駐車場がなくても問題ありませんが、ファミリー向けマンションとなると駐車場の有無はかなり重視されるようになります。

③ こだわりの間取りや作り

最近では分譲マンションでも個別に間取り変更に対応してくれたり、趣味に合わせて改造されるケースも多くなってきています。

しかしやはり同じ趣味やセンスを持つ人は限られているため、万人受けはしません。もしも運が良く気に入ってもらえた場合には、高値で売却できる可能性がありますが、リフォームをする可能性も出てくるために値が下がらないと購入希望者が出ない可能性があります。

④ マンションの規模が大きい

マンションの世帯件数が多くなれば多くなるほど、売却する人も多くなります。その為ライバルが増えるのです。

マンション査定は複数の不動産から取らないと損をする?

マンションの売却を決めた際、まず専門家に査定してもらうために不動産に相談すると思います。しかし必ず数社に査定を依頼して下さい。

業者によっては1割程度金額が変わります。

考えてみて下さい。洗剤の購入金額の1割となれば数十円の違いです。しかし3000万円のマンションの1割は300万円なのです。

数社に査定してもらうことを辞めてしまうと、数百万円の損をしてしまうかもしれないのです。

また売却金額の相場を知るという意味でもとても重要です。最低額と最高額を知ることで、妥当な金額が見えてくることでしょう。

面倒ではありますが4社~6社に査定を頼むことをお勧めします。

大手不動産と地域密着型から取ることがポイント!

先ほど数社の不動産から査定することをお勧めしましたが、闇雲に依頼してはいけません。
不動産にも大手と地域に密着している不動産様々です。

大手の場合情報量や、インターネットを通じて情報を共有する手立ては優れています。一方地域密着の不動産も、購入者が直接地元の不動産に訪れて物件を探している可能性もあるのです。

ですから複数社査定を依頼する場合には、大手不動産と地域密着不動産、両者から取ることをお勧めします。

マンション査定にはネットを駆使する!

すく数社から見積もりを取り、大手不動産と地域密着型不動産両者に見積もりを取ることをご理解頂けたかと思います。

それでも不動産に何件も足を運び依頼するのは一苦労です。そこでやはり活用したいのがインターネットの一括査定です。

一定の項目を入力するだけで、査定の申し込みが出来るのです。訪問査定や、卓上査定も選択可能なので気軽に申し込みが可能です。

不動産の広告に騙されないで!

『こちらのマンション限定で探しておられる方がいます』という広告を見たことはありますか?

分譲マンションには必ずと言っていいほどこの広告が投函されています。実際、本当に探されているお客さんがいる可能性は少ないでしょう。

不動産は物件を売却することが仕事ですが、それ以前に売却する物件を手に入れることが必要です。

広告を見て、『高く売れるなら売却してもいいかな』と考えて問い合わせが来るのを待っているのです。しかし実際は購入希望者はおらず、長々と販売を続け安値で売買せざるを得ないのです。

いい不動産の見抜くポイント!

『いい不動産』とは高値でスピーディに売却してくれることを言います。正直人柄は関係ありません。

売却を売るのに優秀な営業マンがいいのです。ポイントとしては下記が上げられます。

① 地域性や、販売のノウハウを持っている
② フットワークが軽く、俊敏に動いてくれる
③ 妥当な金額つけている(最高額だと売れにくい可能性があるから)

でも不動産の売却といえども、話すのがいやなほど合わない営業マンに頼む必要はありません。信頼できると言う点も重要です。

マンション査定を高額にするために出来ることは?

マンションを高額で売るためにリフォームをしたと言う話を聞いたことがありませんか?
賃貸物件を出す場合には、リフォームはとても有効です。

しかし分譲マンションの場合は、リフォームをしたことでその工事額をそのまま上乗せするのは難しいでしょう。また購入者も、自分の物になった後に好みのリフォームをする可能性があります。購入者は安く、綺麗な中古物件を探しているのです。

ですから一概にリフォームをすることで高額販売が出来るとは限らないのであまりお勧めできません。

査定が高額になり得るのはハウスクリーニングです。特に水回りが綺麗だと購入希望者は喜んでくれるので、不動産も高額に査定することでしょう。

マンション査定と売却、気になる手数料は

マンションの査定には通常費用はかかりません。複数の不動産の中から媒介契約を結び、売却が決定した後費用が発生します。

その中でも一番高額になるのが、仲介手数料です。

物件価格が200万円以下の場合は 物件価格×5%
物件価格が200万円超えの場合は 物件価格×4%+2万円
物件価格が400万円超えの場合は 物件価格×3%+2万円

これはあくまで上限金額にありますので、この金額よりも安くなる場合もあります。

不動産業者決定後に発生する費用は?

媒介契約を結んでも、すぐに費用は発生しません。物件売却によって費用が発生しますので安心して下さい。

査定から退出までの期間はどれくらい?

マンション販売開始から約3ヶ月~6ヶ月が販売期間の相場になっています。不動産は売却しないとお金になりませんので、なるべく早く売却できるようにしてくれるでしょう。

あまりに売れない場合には、値下げを提案されることもありますので、ご自身で売却の最低ライン金額を設定しておくとスムーズです。

まとめ

以上のようにマンション売却と言っても、査定から引き渡しまで多くの工程を踏むことになります。

高額に査定してもらうためのノウハウやポイントを知ることでマンションを有利に売却することが出来ます。

知らないと言うだけで数百万円もの損をしてしまうことになるのです。情報や知識を得て、少しでも高額にマンション売却を成功させましょう。

未入居(入居前)マンションを上手に売却する方法

新築マンションを購入しても急遽売却しなくてはならなくなった時、どう売却したらいいのか悩んでしまうと思います。 未入居(入居前)は、新築扱いになるのか中古物件になってしまうのか心配ですよね。 でも安心して下さい。知識を持っ・・・

1階、2階の低層階マンションを上手に売却する方法

マンションを購入する際、階数が異なると販売価格も大きく差が出ます。またそれによって支払う税金も異なっているのは皆さんもご存じかと思います。 購入したときは自分で納得して購入したものの、売却するとなると1階、2階の低層階の・・・

マンション購入後1年以内で売却する際の注意点

大切なマイホーム。せっかく購入したのに急遽売却しなくてはならなくなった場合、特に売りにくいマンションがあるのをご存じですか? それは大人気の築浅マンションに含まれる、1年未満の中古マンションなのです。 この驚くべき実態に・・・

離婚が原因でマンション売却する際の注意点とは?

マンションは実は購入よりも売却の方が大変だと言うこと皆さんご存じですか? またその売却理由が離婚の場合には様々な問題が待ち構えています。 購入したときは新しい生活に胸をときめかせてくれたマンションが、離婚時にはただのお荷・・・

老後は今のマンションに住み続けるか、それとも売却した方が得策か?

マンションに暮らしながらずっと子育てをしてきて、老後は夫婦二人きりの生活が待っている…そんなときに、退職金で住宅ローンの残金を清算して、今のマンションに住み続けた方がいいのでしょうか? それとも、退職金は手元に残して、思・・・

中古マンションは今すぐ売れ!リノベーションしている物件は売りやすい

2020年の東京オリンピックを前に新築マンションが高騰を続けていたのはご存じですか? 材料の高騰と、建築ラッシュによって発生している人手不足で人工(職人さん1人あたりの手当)も値上がりし、建築費が上がった事によって起こっ・・・

マンションバブルが大暴落するのは近い?!

東京都23区では東京オリンピックに向け、高級タワーマンションが建設され、人気物件ではモデルルームの段階で「完売御礼」の文字を上げている物件も少なくありません。 しかし実はマンションバブルが大暴落する日は近いと言われている・・・

タワーマンション節税、売却時の税金に気をつけよう。

駅前などに多く立ち並ぶ超高層マンションに憧れたことはありませんか? 多くのタワーマンションが駅近に作られ、低層階にはコンビニや病院など便利な施設が入っていて利便性も兼ね備えています。 そんなタワーマンションについて調べて・・・

マンションを高く売る方法!プロが教えるマンション売却のコツ

マンション売却は、個人が取引する金額では最高額となるかもしれない極めて重要な売買です。 マンションの売却方法によって、売却額に数百万円もの開きが生じることはよくあり、初心者が無知のまま業者に任せることほどもったいないこと・・・

資産価値が高く売れるマンションの条件とは?

今日は、分譲マンションの資産価値について解説したいと思います。これは、マンションに限った話ではないのですが、住宅や不動産を高く売るためには、資産価値が下がらない物件を選択する必要があります。 いい中古物件は高値で売れるだ・・・

マンション売却の極意

今日はマンション売却の極意について解説します。安い時に買って、高い時に売るのが鉄則なのですが、大多数のマンションは、購入価格よりも安く売却することになります。 しかし、結果的に安く手放すことになっても、「相場より1円でも・・・

マンションの住み替えで失敗しない方法⑦

マンションは管理を買えと言われています。管理組合が機能していないと このページで解説したように施工不良などの瑕疵があった際、施工会社や分譲主との交渉には管理組合として交渉する必要があります。 管理組合がしっかりと機能して・・・

マンションの住み替えで失敗しない方法⑥

「現在の自宅を売却して買い替えたいと考えております。 買い替え物件は中古マンションという選択は有りだと思いますか?」先日このようなご相談を受けました。 皆さんも自宅の買い替えを検討している立場になって考えてみていただきた・・・

マンションの住み替えで失敗しない方法⑤

横浜の偽装事件があってから、私は都内各所のマンションモデルルームを見て回っています。 12月上旬にデータ改ざん事件があった三井不動産レジデンシャルの東京都内の某モデルルームへ訪問したところ、訪問者でごったがえしていました・・・

マンションの住み替えで失敗しない方法④

「マンションは管理を買え!」とはよく言われることですが、とりわけ重要なのが管理組合の機能です。 一度、マンションに欠陥などの瑕疵があると管理組合が主体となって分譲主や施工したゼネコンと交渉に当たる必要があります。 実際の・・・

マンションの住み替えで失敗しない方法③

横浜のマンションなどの偽装物件を掴まされないために過去2回に渡って触れてきました。 1つ目は地盤の工期に関してした。2つ目は、基礎工事に関する内容です。 どれも重要な内容ですので、横浜のようなハズレ物件を掴まされないため・・・

マンションの住み替えで失敗しない方法②

ハズレ物件を掴まないためマンションの住み替えで失敗しない方法①では、地盤、竣工時期、構造が重要と解説しました。 偽装などのハズレ物件を掴まされないためには、「基礎の基礎」という知識が非常に重要になります。 もう一度、三井・・・

マンションの住み替えで失敗しない方法①

2015年11月2日東京都内で開かれた大手化学品メーカーの旭化成とその子会社である旭化成建材による記者会見で旭化成副社長が力なく「本当に申し訳ないと思っています・・・・・」こう述べました。 この会見の最中、会場からほど近・・・

パークシティLaLa横浜の偽装問題から垣間見える業界事情

パークシティLaLa横浜の偽装問題は、分譲マンションに住んでいる人全員が共通認識として「マンションに住むことの宿命」として理解しておいた方が良いでしょう。 連日のニュース等で多くの方もご存知だと思いますが、西棟の6本の杭・・・

売りにくいマンションを売る方法とは?(No1)

マンションには売れやすいもの・売れにくいものが存在します。売れやすいものは売手が強気に出ても、買手側が妥協してくるケースが多いですが、売りにくいマンションとなればそうはいきません。 売りにくい売却物件は、大規模マンション・・・

売りにくいマンションを売る方法とは?(No2)

マンションには、売りやすいもの・売りにくいものがあります。後者を売却するのは非常に難しいですが、実力のある不動産会社ならば高く売却することが可能です。 売りにくい物件にも適切な売り方があり、どんな物件でも実力のある業者は・・・

マンションの管理費は安ければいいの?

マンションの管理費は安いほうがいいと思う方は多いはずです。毎月かかるコストは家計を圧迫しますから、1円でも安くしたいと考えるのが普通です。 中古マンションを購入される方は、住宅ローンの支払いをしながら、管理費・修繕積立金・・・

築年数30年、40年以上のマンションを売却する時の注意点

築30年以上のマンションは、200万戸以上も存在しています。 1981年6月以前の旧耐震基準マンションに関しては、現在の新耐震マンションよりも耐震性能が弱くなっています。 これが30年以上の物件は、資産価値が著しく下がる・・・

資産価値を把握すればマンションが高く売れます(前編)

自分の希望価格通りの金額で売るためには、資産価値を把握することが重要です。 理由は、マンションの場合、同一エリア内(同一マンション内)に複数の物件が売りに出されているケースがほとんどであるため、必ず競合します。 これによ・・・

早期売却を実現するためのマンション内見時(オープンハウス)の注意点

今日は、オープンハウスを行う際のメリットや注意点について解説したいと思います。 オープンハウスとは、その名の通り、中古マンションなどをオープンルームな状態にしておいて、例えば土日の10:00~18:00などの時間帯には、・・・

マンション売却における専任媒介、一般媒介どちらがおすすめ?売る側から見るメリット・デメリットを解説

不動産会社に依頼して不動産を売却する時に契約をします。その契約を「媒介契約」と呼びます。 媒介契約書には、 あなたが希望する物件の売却条件 売却が成約した際に不動産会社に支払う仲介手数料 媒介契約の有効期間 媒介契約期間・・・

住宅ローン残債がマンションの売却金額を上回っている場合の対処法

家を売るには抵当権を抹消する必要があります。したがってローンがあっても抵当権が抹殺出来れば、家は売れます。 抵当権とは、金融機関が住宅ローンを貸すとき、万が一お金が回収できない場合のため、担保として不動産を確保しておくこ・・・

成功するマンション買い替え~最も難易度の高い取引の成功法~

今日は、最も難しい不動産取引となる買い替えについて解説したいと思います。まず、買い替えと言っても大きく分けて2パターンの取引方法があります。 現在の自宅(中古マンション、中古住宅)売却代金を買い替え先の新築マンション等の・・・

成功するマンション買い替え~売るのが先か、買うのが先か

このページをご覧いただいている方は、現在の自宅マンションの買い替えを検討されている方もいらっしゃると思います。そこで、今日は、失敗しない買い替え方法について解説したいと思います。 まず、住宅ローン残高がある方で現在の自宅・・・

マンション買取などの不動産買取業者を利用する際の注意点とは?

マンションの売却は、仲介業者や買取業者を通さなくても行えます。しかし、この方法にはメリット・デメリットがあります。ご自身や家族の都合により、最適な方法を選んでいきましょう。 【目 次】 こんな人には買取がおすすめ こんな・・・

マンション売却時の上下階との騒音トラブルについて

マンションの売却において問題となりやすいのが上下階との騒音トラブルです。 音のトラブルは非常に深刻であり、隠して売ると大問題に繋がるケースもあります。 買い手が入居すれば、すぐに気づくことだからです。騒音の大きさにもより・・・

ペットを飼っている(飼っていた)マンションを売却する際の注意点

今日は、マンション内でペット問題を抱えている物件を売却する際の注意点について解説したいと思います。 このサイトを開設してから数年経過しますが、マンション売却時のご相談として非常に多いのがペット問題です。 「本来、ペット不・・・

風向きによっては通気口からタバコの煙が入ってくる

タバコのニオイが好きだという方はほとんどいないでしょう。喫煙者ですら、他人のタバコのニオイを嫌がるものです。 自分が吸っているときは問題なくても、他人となれば気になるものなのです。マンションなどの集合住宅でのトラブルには・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ