失敗しない不動産業者の選び方

「家を売ることになりました。仲介業者の選定で失敗しない方法について教えてください。」

「不動産業者を選定するに当たり、地元の地場にある中小仲介業者にすれば良いのか?大手不動産会社に任せた方がよいのか?どちらが良いのでしょうか」

不動産売却を行うにあたって、そのパートナーとなる不動産会社選びは非常に重要です。

そこで今日は、失敗しない仲介業者の選び方について解説したいと思います。

まず、冒頭にご紹介した家を売るにあたって、地場などの中小業者が良いのか?大手の方が良いのか?についてですが、これについては明確な回答はありません。

私の経験上、不動産売買を行おうとしている物件の種類よりかは、物件情報がある地域(エリア)によって、業者選定を行えば良いでしょう。

まず、東京都内の都心物件などで、物件力があって不動産会社の力量が問われない場合は、中小、大手関係なく一般媒介で広く不動産会社に媒介契約を依頼すれば短期間で購入希望者が現れ、かつ売却希望価格で契約が成立する可能性が高いです。

東京都内の都心物件の場合、ネット系の中小業者の場合でしたら、アットホームやYahoo不動産等に物件情報を掲載すれば、すぐに購入希望者が見つかるはずです。

また、大手であれば、当該物件の購入を希望する顧客リストがあるでしょうから営業担当者の力量に関係なく、すぐに不動産売買契約が成立するでしょう。

従って、誰もが欲しがる東京都内の超都心物件の場合、家の近所の金子不動産に依頼しようが、大手(住友不動産販売、東京リバブル等)に依頼しようが結果は同じでしょう。

また完全な売り手市場ですので、査定を依頼する際は、仲介手数料を安くしてくれる業者へ媒介契約を依頼すると良いでしょう。

なお、仲介手数料に関する各社の考え方についてですが、大手は1円も値引きに応じませんが、中小業者の方が値引き対応には柔軟です。

ただ、このページをご覧になっている方は、「誰もが欲しがる物件ではなく一般的な物件を売却される方が多いと思います。」

そういう場合は、不動産会社+営業マンの選定がかなり重要になります。ぜひ最後までこのページをご覧ください。

地方都市であれば、地場業者の専任媒介が無難

まず、地方都市の物件を売却する方は、私自身の経験上では地元密着の中小業者が良いでしょう。

理由は、地元の情報に精通していることと、不誠実なことを行うと地元での信用を無くします。

「大手と違ってネームバリューが無いため、信頼失墜=地元で営業が出来なくなる。」からです。

また、地元での評判を大切にするため、不誠実な営業担当者が付くこともないからです。

一方、近年の大手のやり方としては、「とりあえず媒介物件を預かる。」というスタンスです。

どういうことかと言いますと売主の希望価格では高値で売れないことがわかっているにも関わらず、とりあえず預かることで1ヶ月くらい何の売却活動もせずに放置します。

預かった後で、「やはりこの値段では売れません。」と売主に価格を引き下げさせる手法を取ります。非常に姑息なやり方ですし、個人的には賛同できませんが、この手法を採用している大手が非常に多いため、ぜひ気をつけて欲しいと思います。

お勧めは、無料の不動産一括査定サイトを活用すれば、地域密着で誠実な不動産業者も多数登録されているので、ぜひ活用してみてください。

あるいは、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)の方であれば、売主の利益を100%守ると宣言している不動産会社へ依頼するのもよいでしょう。

1都3県以外の愛知県、大阪府、兵庫県、京都府の方は、こちらの不動産会社も断然お勧めです。

現役時代の仲間が多数在籍していますので、売却で失敗することはありません。安心して利用して欲しいです。

大手だから安心というわけではありません。

前述の通り、大手だから任せて安心というわけではありません。

私がこのサイトを立ち上げた理由にも解説させていただいている通り、不動産の売却は購入よりも100倍難易度が高いため、不動産会社の選定が非常に重要になります。

「よく大手だから任せて安心」と言われます。確かに大手は利用者が多いので、口コミ評価も豊富にあります。

社員の教育制度も充実しており、知識、交渉力も優れています。面倒な契約書類、諸費用、税金に関する問題にもわかりやすく回答してくれますし、外部ブレーンを活用することでこれらの手続きを丸投げすることもできます。

しかし、前述の通り、売主に安く売らせるために姑息な手法を取るのも大手不動産会社の特徴でもあります。そんな価格では売れないとわかっている物件でも、とりあえず預かるという行為は、犯罪行為ではありませんし、正当な商い行為であると思います。

しかし、家の売却を成功させるためには、「誠実な不動産会社+誠実な営業担当者」でなければ、仮に売買が成立しても後味が悪いと思うのは私だけでしょうか?

それだけ、不動産会社の選定は重要ですので、無料の不動産一括査定サイトを活用して自分にピッタリの不動産会社を選定してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ