築年数の古いマンションを高く売る方法

当サイトを訪問した方の多くが相場以上で築年数の古いマンションを高く売りました。

相場より300万円高く売れた
千葉県千葉市 K・M様

インターネットで「家を高く売る.com」を見つけて、営業力に長けた不動産会社に査定依頼をお願いしました。

そのおかげで、周辺相場よりも300万円高く売れて本当に良かったです!今思えば、不動産会社によって営業力の違いがあったんですね・・・

営業力の強い会社に依頼して大成功
埼玉県浦和市 T・Y様

2年前に相続した築年数の古いマンションを地元の業者に売却を依頼したものの、全く売れず途方に暮れていました・・・

このページで紹介されていた豊富な顧客リストを持ち、営業力が強い業者に依頼しましたら、たったの2ヶ月で売れました。

固定資産税の負担もバカにならないため本当に感謝しています。

3ヶ月で売却に成功
大阪府寝屋川市 O・T様

不動産屋なんてどこも同じだと思っていたのですが、全然違うんですね。

うちの家は、築年数が40年以上のオンボロマンションだったので・・・タダ同然でも売れればラッキーと思っていました。

このページで紹介されていた査定サイトを利用してみてビックリです。一番高い査定を出してくれた不動産屋に依頼したところ、3ヶ月で売却に成功しました。

ネットで偶然、家を高く売る.comを見つけたのがラッキーでした。

築年数の古いマンションを1円でも高く売りたければマンションの売却に長けた不動産会社へ売却を依頼するのが一番

このように築年数の古いマンションを1円でも高く売りたければ、買取は絶対にお勧めしません。業者に足下を見られて、買い叩かれるのがオチです。

築年数の古いマンションを高く売るには、仲介しかありません。仲介とは、不動産会社に売却を依頼して、チラシやインターネット上に物件情報を流して、買い手を募る方法です。

築年数の古いマンションの売却に長けた不動産業者とは?

まず1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)の方であれば、100%売主の味方となり高く早く売ることに執念を燃やしているソニー不動産がお勧めです。

なぜなら、私が現役時代にお世話になった先輩や私から直接指導を受けた後輩が多数在籍していますので、築年数の古いマンションを1円でも高く売りたければ、ソニー不動産に売却を依頼してください。

ソニーであれば築年数の古いマンション売却の猛者揃いですので安心です。

1都3県以外の方は、不動産一括査定サイトがおすすめ

1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)以外の方であれあ、不動産一括査定サイトを使えば、売れない土地の売却に長けた不動産会社が簡単に見つかります。

特にHOME’Sという不動産一括査定サイトなら、私が現役時代にお世話になった会社が複数社登録されています。

また、HOME’Sに登録している不動産会社は、業界内でも評判が良く、いい仕事をしてくれますので、安心して利用いただきたいです。

HOME’Sをお勧めする本当の理由とは?

HOME’Sをお勧めする理由は、私が在籍していた会社が登録されているだけでなく、各不動産会社の特色や意気込みがわかるからです。

査定依頼する前に各社の特徴や意気込みがわかるため、
不動産会社選びで失敗することがない。

申し込みフォームの書き方が非常に重要

HOME’Sに登録している不動産会社であれば、間違いないので、基本的にどの不動産会社へ査定依頼しても、問題ありません。

しかし、築年数が古いマンションであることを、不動産会社に知らせる必要があります。これによって、エース級の営業担当者を優先的に付けてくれるからです。

これは、私の経験から言えることなのですが、まず不動産会社へ売却依頼が入れば、各営業担当者に割り振られるのですが、条件面が良く3ヶ月以内で成約できそうな物件は、新人や経験の浅い担当者に割り振られます。

逆に3ヶ月以内で成約が難しそうな物件は、ベテランが担当します。さらに、何年も成約しておらず、売却自体が非常に困難な物件は、エース級が担当します。

築年数が古いマンションは、エース級に担当してもらわないと、うまくいきません。従って、査定依頼する際には、「売れていない」ことをしっかりと伝える必要があります。

実際にHOME’Sを使って解説します。

地域と物件情報を選択します。

(引用元:HOME’S)

査定を依頼する不動産会社を選択します。HOME’Sでは、どの不動産 会社を選んでも問題ありませんが、だいたい3~5社程度選択してく ださい。
不動産会社によって査定額が変わるからです。

物件情報を入力します。

売却希望時期は、必ず「早急」にチェックを入れ、売却理由は、 「他社で売れない」に
チェックを入れてください。これによって、 不動産会社側に売却が非常に困難な物件だと
認識してもらいます。

メッセージは必ず入力します。簡単で構わないので、現在の売却状 況を記述しておき、
エース級を営業担当にしてほしい。旨を記述し ておけば良いでしょう。

このように簡単で構わないので、①売却に苦戦している。②エース級に担当して欲しい。
旨を記述してください。

築年数の古いマンションを高く売った方達の共通項


築年数の古いマンションを高く売った方達には、ある共通項があります。

それは、「①購買見込み客の膨大な顧客リストがあり」「②売却困難な物件を売り切る営業力」この2つを満たした不動産会社に売却を依頼する必要があります。

私は現役時代に築年数の古いマンションを高く売ってきました。築年数が古く売却困難な物件は普通の活動を行っていても売却に成功することはありません。

相場以上で築年数の古いマンションを高く売った方の成功例

ページ冒頭でご紹介した埼玉県浦和市T・Y様のケースですと、2年前築年数の古いマンションを相続しました。

設備も老朽化しており、住むつもりもないため、地元の業者へ売却を依頼しました。

しかし、3年経過しても全く売れません。その後、私に売却の相談をいただきお手伝いすることになりました。

実際、現地へ赴き査定をしたのですが、「正直、タダ同然でも引き取り手があるか?」といった極めて売却が困難な物件です。

しかし、売却の依頼を受けた以上、「売れませんでした・・・」とは言えません。何としてでも売り切る必要があります。

膨大な顧客リストから1件づつ当たってみる

そこで、過去10年以内に問い合わせをいただいた土地購入希望者リストが私の元に1,000件以上ありましたので、1件づつ当たってみることにしました。

膨大な購入希望者データですが、1件づつ確認の電話をしました。興味を示していただいた方も何名かいたのですが、実際の物件に案内しても、なかなか成約に繋がりません。

しかし、諦めることなく購入希望者データを当たっていると、697件目のAさんが、「築年数が古くても構わないので、自分好みのリノベーションができる物件を探している。」とのことでした。

「実は、このマンションは、住民の高齢化を防ぐため、若い人に買って住んでもらった方が、将来的な建て替えも円滑に進めることができるため、リノベーションに対する扱いが非常に柔軟です。」

極端な話、コンクリートだけのスケルトン状態にしても、上下階への騒音に配慮すれば、問題ありません。私が知る限りでは、リノベーションに関する柔軟度は、ピカ一と言っても過言ではありません。

最後の決め手は顧客リスト&営業力

「Aさんを逃してしまうと、売却自体が相当厳しくなる。」ため、何としてでもAさんに購入いただく必要があります。

それこそ、私の知人のリノベーションのプロとタッグを組んで、Aさんのライフスタイルに見合ったプランを数十通り作成して、マンション購入後の生活イメージを持ってもらうための活動に専念しました。

当時Aさんには、候補の物件が複数あったものの、最終的には私の熱意?に押されて成約いただきました。

このように3年以上売れなかった築年数32年のマンションなのですが、顧客リストのおかげで売り切ることができました。

築年数が古いマンションは、普通の手法では、なかなか買い手が見つかりません。特に不動産会社の力量によって運命が左右されます。

どれだけ多くの顧客リストを持っているか?が重要です。

このページをご覧の方は、「マンションが売れなくて困っている」と思います。そんな方は、「顧客リストを多く持っている不動産会社」に売却を依頼するようにしてください。

しかし一般の方では、「どの不動産会社が多くの顧客リストを持っているのか?」を見極めることは、ほぼ不可能だと思います。

実際に膨大な顧客リストを所有している不動産会社を紹介します。

膨大な顧客リストを持っている不動産会社

まず1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)の方であれば、100%売主の味方となり高く早く売ることに執念を燃やしているソニー不動産がお勧めです。

なぜなら、私が現役時代にお世話になった先輩や私から直接指導を受けた後輩が多数在籍していますので、築年数の古いマンションを高く売りたければ、ソニー不動産に売却を依頼してください。彼らがきっと力を発揮してくれるはずです。

1都3県以外の方は、不動産一括査定サイトがおすすめ

1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)以外の方であれば、不動産一括査定サイトを使えば、築年数の古いマンションの売却に長けた不動産会社が簡単に見つかります。

特にHOME’Sという不動産一括査定サイトなら、私が現役時代にお世話になった会社が複数社登録されています。

また、HOME’Sに登録している不動産会社は、業界内でも評判が良く、いい仕事をしてくれますので、安心して利用いただきたいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ