上下階トラブルを抱えているマンションを高く売る方法

上下階トラブルを抱えていてもマンションを高く売ることができます。当サイト経由で親の家を高く売った方の体験談をご紹介します。

相場よりも300万円高く売れた
東京都府中市 Y・U様

長年、上階からの騒音トラブルで悩んでいたのですが、「家を高く売る.com」で紹介された業者さんに売却依頼したところ、相場より300万円高く売れました。

高く売れた理由は、耳の不自由な方で騒音が気にならない買主さんに売却してくれたからです。相場よりも高く売れたので大満足です。

希望価格で売れた
大阪府大阪市 U・I様

小さな子供がいることから、下の階の方と音に関するトラブルを抱えていました。下の階の方は、神経質なくらい音に敏感なので・・・ホトホト参っていました。

そんな中、サイトで紹介されていた不動産会社へお願いしてみました。するとトラブルがあっても全く気にしない方を紹介してくれました。

後から聞いたのですが、この方の職業は、なんと弁護士さんとのことです。おまけに希望価格通りで売却できたのは、ラッキーです。

相場通りで売れた
神奈川県横浜市 T・E様

このマンションは床のスラブ厚が薄いため以前から上階からの音が気になっていました。

地元の不動産会社からは、「騒音トラブルを抱えているマンションは相場の3割安くしないと売れない。

」とのことネットでたまたま家を高く売る.comを発見して、紹介されていた不動産会社に売却を依頼したところ1ヶ月以内で売れました。おまけに相場通りの価格で売れました。本当にありがとうございました。

トラブルを抱えているマンションを1円でも高く売りたければマンションの売却に長けた不動産会社へ売却を依頼するのが一番

このようにトラブルを抱えているマンションを1円でも高く売りたければ、買取は絶対にお勧めしません。業者に足下を見られて、買い叩かれるのがオチです。

トラブルを抱えているマンションを高く売るには、仲介しかありません。

仲介とは、不動産会社に売却を依頼して、チラシやインターネット上に物件情報を流して、買い手を募る方法です。

トラブルを抱えているマンションの売却に長けた不動産業者とは?

まず1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)の方であれば、100%売主の味方となり高く早く売ることに執念を燃やしているソニー不動産がお勧めです。

なぜなら、私が現役時代にお世話になった先輩や私から直接指導を受けた後輩が多数在籍していますので、トラブルを抱えているマンションを1円でも高く売りたければ、ソニー不動産に売却を依頼してください。

ソニーであればトラブル物件売却の猛者揃いですので安心です。

1都3県以外の方は、不動産一括査定サイトがおすすめ

1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)以外の方であれあ、不動産一括査定サイトを使えば、売れない土地の売却に長けた不動産会社が簡単に見つかります。

特にHOME’Sという不動産一括査定サイトなら、私が現役時代にお世話になった会社が複数社登録されています。

また、HOME’Sに登録している不動産会社は、業界内でも評判が良く、いい仕事をしてくれますので、安心して利用いただきたいです。

HOME’Sをお勧めする本当の理由とは?

HOME’Sをお勧めする理由は、私が在籍していた会社が登録されているだけでなく、各不動産会社の特色や意気込みがわかるからです。

査定依頼する前に各社の特徴や意気込みがわかるため、
不動産会社選びで失敗することがない。

申し込みフォームの書き方が非常に重要

HOME’Sに登録している不動産会社であれば、間違いないので、基本的にどの不動産会社へ査定依頼しても、問題ありません。

しかし、トラブル物件であることを、不動産会社に知らせる必要があります。これによって、エース級の営業担当者を優先的に付けてくれるからです。

これは、私の経験から言えることなのですが、まず不動産会社へ売却依頼が入れば、各営業担当者に割り振られるのですが、条件面が良く3ヶ月以内で成約できそうな物件は、新人や経験の浅い担当者に割り振られます。

逆に3ヶ月以内で成約が難しそうな物件は、ベテランが担当します。さらに、何年も成約しておらず、売却自体が非常に困難な物件は、エース級が担当します。

トラブル物件は、エース級に担当してもらわないと、うまくいきません。従って、査定依頼する際には、「売れていない」ことをしっかりと伝える必要があります。

実際にHOME’Sを使って解説します。

地域と物件情報を選択します。

(引用元:HOME’S)

査定を依頼する不動産会社を選択します。HOME’Sでは、どの不動産 会社を選んでも問題ありませんが、だいたい3~5社程度選択してく ださい。
不動産会社によって査定額が変わるからです。

物件情報を入力します。

売却希望時期は、必ず「早急」にチェックを入れ、売却理由は、 「他社で売れない」に
チェックを入れてください。これによって、 不動産会社側に売却が非常に困難な物件だと
認識してもらいます。

メッセージは必ず入力します。簡単で構わないので、現在の売却状 況を記述しておき、
エース級を営業担当にしてほしい。旨を記述し ておけば良いでしょう。

このように簡単で構わないので、①売却に苦戦している。②エース級に担当して欲しい。
旨を記述してください。

上下階トラブルを抱えているマンションを高く売った方達の共通項

それでは、上下階トラブルを抱えているとはいえ高く売るなら仲介しかありません。

しかし、上下階トラブルのあるマンションは、訳あり物件に該当しますので、一般の人へ売却する際は、告知義務が発生します。

告知義務が発生するということは、上下階トラブルがあることを隠して売却すると売主として責任追及(瑕疵担保責任)され、損害賠償や最悪契約解除といったトラブルに巻き込まれます。

従って、仲介活動において一般の人に売却する際は、必ず上下階トラブルがあることを告知する必要があります。

それでは、「売りづらいのでは?」と思われた方も多いと思いますが、そんなことはありません。

トラブル物件の売却に長けた不動産会社へ仲介を依頼すれば良いのです。トラブルを抱えているからと言って、安く手放す必要は一切ありません。

私の経験上、上下階トラブルを抱えているマンションであっても仲介によって、ほぼ市場価格で売り切ったことが何度もあります。

トラブル物件の売却に強い不動産会社を簡単に見つける方法

上下階トラブルを抱えているマンションを所有している方にとっては、「1分1秒でも早く、しかも高値で手放したい・・・」そんな考えの方も多いことでしょう。

トラブル物件を所有している方にとっては切実な悩みです。

3年以上売れなかったマンションを営業力で売り切った時の体験談

現役時代、私は3年以上売れていない上下階トラブルを抱えているマンション売却のお手伝いをしました。

オーナーの方は、「タダ同然でも構わないから、とにかく1分1秒でも早く手放したい。」わけですが、複数の不動産会社へ仲介を依頼しても全く売れていない物件です。

たまたま、オーナーの方から別物件の売却が依頼があり、依頼後1週間で成約させた営業力を買われて、「3年以上売れていない上下階トラブルを抱えているマンションを売って欲しい。」と頼まれました。

物件に関する詳細な説明は省略しますが、確かに3年以上売れないのも納得できるマンションです。

しかし、依頼を受けた以上、「売れませんでした・・・」とは言えません。何とか売り切る必要があります。

膨大な顧客リストから1件づつ当たってみる

そこで、過去10年以内に問い合わせをいただいたマンション購入希望者リストが私の元に1,000件以上ありましたので、1件づつ当たってみることにしました。

膨大な購入希望者データですが、1件づつ確認の電話をしました。興味を示していただいた方も何名かいたのですが、実際の物件に案内しても、なかなか成約に繋がりません。

しかし、諦めることなく購入希望者データを当たっていると、697件目のAさんが、「上下階トラブルを抱えていても構わないので、自分好みのリノベーションができる物件を探している。」とのことでした。

「実は、このマンションは、住民の高齢化を防ぐため、若い人に買って住んでもらった方が、将来的な建て替えも円滑に進めることができるため、リノベーションに対する扱いが非常に柔軟です。」

極端な話、コンクリートだけのスケルトン状態にしても、上下階への騒音に配慮すれば、問題ありません。私が知る限りでは、リノベーションに関する柔軟度は、ピカ一と言っても過言ではありません。

また、Aさんは敢えてトラブル物件でも構わないと言っているかと言いますと、職業が弁護士ということもあり、マンションの上下階トラブル解決などお手のものだからです。

最後の決め手は顧客リスト&営業力

「属性的にもピッタリのAさんを逃してしまうと、売却自体が相当厳しくなる。」ため、何としてでもAさんに購入いただく必要があります。

それこそ、私の知人のリノベーションのプロとタッグを組んで、Aさんのライフスタイルに見合ったプランを数十通り作成して、マンション購入後の生活イメージを持ってもらうための活動に専念しました。

当時Aさんには、候補の物件が複数あったものの、最終的には私の熱意?に押されて成約いただきました。

このように3年以上売れなかったマンションなのですが、顧客リストのおかげで売り切ることができました。

上下階トラブルを抱えているマンションは、普通の手法では、なかなか買い手が見つかりません。特に不動産会社の力量によって運命が左右されます。

どれだけ多くの顧客リストを持っているか?が重要です。

このページをご覧の方は、「マンションが売れなくて困っている」と思います。そんな方は、「顧客リストを多く持っている不動産会社」に売却を依頼するようにしてください。

しかし一般の方では、「どの不動産会社が多くの顧客リストを持っているのか?」を見極めることは、ほぼ不可能だと思います。

実際に膨大な顧客リストを所有している不動産会社を紹介します。

膨大な顧客リストを持っている不動産会社

まず1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)の方であれば、100%売主の味方となり高く早く売ることに執念を燃やしているソニー不動産がお勧めです。

なぜなら、私が現役時代にお世話になった先輩や私から直接指導を受けた後輩が多数在籍していますので、上下階トラブルを抱えているマンションを高く売りたければ、ソニー不動産に売却を依頼してください。彼らがきっと力を発揮してくれるはずです。

1都3県以外の方は、不動産一括査定サイトがおすすめ

1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)以外の方であれば、不動産一括査定サイトを使えば、トラブル物件の売却に長けた不動産会社が簡単に見つかります。

特にHOME’Sという不動産一括査定サイトなら、私が現役時代にお世話になった会社が複数社登録されています。

また、HOME’Sに登録している不動産会社は、業界内でも評判が良く、いい仕事をしてくれますので、安心して利用いただきたいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ