一昨年・・・孤独死した祖母の家にもの凄い値段がついたんです!!

事故物件の価格が上昇してる!?不動産価格Newsまとめ

あなたの物件は今いくらになっているか知っていますか?

 

2015年頃から不動産価格の高騰が話題になり始めましたよね。 いま現在も全国的に不動産価格の上昇が続いているんです。

しかも、売却が難しいとされている事故物件でさえ上昇しているんです。

築30年超の事故物件を調べてみました。実はこの家、一昨年、祖母が孤独死した家です。 地元の不動産屋で査定したときは「買い手がつかないから無理です。」と言われた物件です・・。

緊張しつつも
査定結果を待っていると以下のメールが届きました。

本当にビックリです。

築30年超の家ですから、家のあちこちにガタが出て、外壁がはがれたり、水回りが壊れていたり、「修理代ももったいない」と思っていたので大助かりです。

査定は、いちいち不動産屋を回る必要もなく、根掘り葉掘り聞かれることもありません。おまけに、たったの60秒で物件価格を比較できるので、おすすめです。

⇒本当の物件価格を無料でチェック

正しい「物件価値」を知ることが重要な理由

不動産コンサルタントや経済学者の間では、2018年をピークに物件価値が下落すると予想しています。

物件価値が下がる大きな理由は2つあります。

  • 東京五輪開催に向けた2020年問題
  • 生産緑地の指定解除による2022年問題

2020年問題とは、東京五輪開催に向けて不動産市場は大盛況ですが、ブームは五輪終了とともに急速に萎み、価格の値崩れが始まるとい
う問題です。

さらに、生産緑地の指定解除によって土地が大量放出される「2022年問題」が待ったなしで襲ってきます。

生産緑地とは、宅地にありながら農地として扱われ、毎年の固定資産税や相続税において格段の恩恵を得ています。

生産緑地法が施行された1992年に指定された土地が30年経つ2022年に制度の期限が来て、行政に買い取りを申し出ることが可能になります。

しかし、行政は財政難から土地を買い取りそうにありません。そんななか、生産緑地指定が解除されると、大量の土地が売却される可能性があります。

土地が大量放出されると、需給のバランスが崩れ地価が大幅に下がる懸念があります。これが、「2022年問題」です。

2020年問題&2022年問題のダブルパンチで更なる大暴落に直面

地価崩壊時代に突入する「2020年問題」&生産緑地の指定解除によって大量放出される「2022年問題」のダブルパンチによって、更なる大暴落に直面する可能性が高くなります。

以下は週間東洋経済2017年10月14日号に掲載されていた東京都における生産緑地です。実に東京ドームの701個分もあります。

▲画像をクリックすると拡大できます。

これだけの広大な土地が短期間で大量に放出されたら・・・背筋が寒くなる方も多いと思います・・・

正しい「物件価値」を知ることが重要な理由がおわかりいただけましたでしょうか?

孤独死した祖母の家がもの凄い値段がついた理由

ではなぜ、一昨年・・・孤独死した祖母の家にもの凄い値段がついたのかと言うと「不動産価格が高騰している。」といった理由だけではありません。

無料一括査定を使うことで、不動産屋を巡って嫌な営業を受けることもなく、60秒の入力で物件価値(不動産価格)を比較できたからです。

もしかしたら、ビックリする金額が提示されるかもしれません。

最大6社が無料で査定してくれるサービス

  • 事故物件を早く、しかも高く売りたい

といった私と同じ不安を抱えている方には最適ですし、しかも、このサービスは、

  • 見積りだけでもOK
  • ローンが残っていてもOK
  • 北海道から沖縄まで全国OK

しかも、利用は完全無料

手続き、知識は一切不要。周辺相場より300万円高く売れた事例も
孤独死⇒相場よりも300万円高く売れた
埼玉県浦和市 K・Y様

3年前に祖母が孤独死しました。住む予定も無いため不動産会社へ売却を依頼したところ、「孤独死=事故物件になります。

この物件ですと相場よりも500万円安くしないと売れません。」と言われ、納得できず、ネットでたまたま、家を高く売る.comを見つけて、事故物件の売却に強い業者さんを紹介いただきました。

結果、周辺相場よりも300万円高く売れました。本当にありがとうございました。

事故物件⇒市場価格通りの値段で売れた
兵庫県西宮市 T・E様

昨年、主人が自殺しました。思い出がいっぱい詰まった自宅なのですが・・・実家で暮らすことになりました。

事故物件は安くしないと売れないと聞いていたのですが、「事故物件 売却」で検索していたら、たまたまこのサイトを発見しました。

何かの縁だと思い「事故物件の売却」に強い不動産会社を紹介してもらったところ、市場価格通りの値段で売れました。事故物件の売却に精通している不動産会社に依頼することが大切なのがわかりました。

事故物件⇒相場よりも200万円高く売れた
千葉県船橋市 H・F様

10年ほど前に祖父が他界しました。老朽化しているため更地にして売却することにしました。

地元の不動産屋からは、売りに出すなら相場よりも300万円安くする必要があると言われました。

そんな時、家を高く売る.comを見つけて紹介されていた不動産屋さんにお願いしたところ、相場よりも200万円高く売れました。

このように事故物件であっても相場以上に高く売れている人が続出しています。

しかも、

  • 不動産屋に出向かなくても物件価値を把握できます
  • 最大6社を比較できるから最高価格が見つかります
  • 比較できるから自分にぴったりのパートナー会社が見つかります。

無料査定の結果、無理して売る必要もないので査定に満足できなければ、断るorそのままスルーしてもOKです。

想像してみてください。物件価値を調べるだけでも、今後の夢が広がりますよ。

「もっと便利で住みやすい立地に住み替えたい」

「バリアフリーの一戸建てに住み替えたい」

もし、事故物件だからタダ同然で手放さなければならないと思っているなら・・・

それは大きな勘違いだったと気づくことでしょう。

無料査定は60秒で完了します。

万が一、査定に満足できなければ、
売らなければいいだけです。

気軽にやってみてはいかがでしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ