オープンハウスは積極的に!内覧時の対応で家の売れ行きが大きく変わる

オープンハウスにひと工夫こらすことで、売れ行き・物件価値は大きく変わってきます。家というのは新築に近いほど高く売却できるため、なるべくキレイにしておくべきです。

内覧される方は、非常に細かなところまで見ています。高額な買い物になりますから、売主が想像している以上によくチェックされています。

家の場合も人と同じように第一印象で大部分が決まってきます。見た瞬間に「この物件はいい」と思ってもらえれば、多少の欠点は気にならなくなるものです。逆に最初にマイナス評価を受けてしまうと、あとから挽回するのは難しいのです。

特に家の入口である玄関は、明るく演出したいものです。キレイな花を植えた鉢やプランターなどを置いておくのもいいでしょう。

照明は必ず点灯させて、室内は明るくしておきます。窓・カーテンも開けたほうがいいでしょう。

水回りは非常によくチェックされます。実際に住んでみて不都合を感じる場合、その多くは水回りに関するものなのです。水漏れをしていると床が濡れて腐り、カビの原因にもなります。

内覧会の前には、掃除をしておくのが基本です。神経質な方は、細かなホコリもチェックしています。汚れがひどいようなら、クリーニング業者に依頼してキレイにしてもらいましょう。

消臭効果も期待できるので、ペットを飼っている、家族に喫煙者がいる、といった場合に効果的です。

オープンハウスでは売主は外出したほうがいい

オープンハウスにするときは、売主は外出したほうがいいです。不動産会社を介するので、プロの営業マンが宣伝してくれます。説明事項を営業マンに伝えておけば、買主と売主が直接交渉する必要はありません。

むしろ、売主がいないほうが落ち着いて内覧できるものです。売主は家族全員で買い物に行くなどして、来場者がゆっくりと内覧できる環境を整えることです。

庭を広く見せるためには、クルマ、バイク、自転車がないほうがいいです。ペットがいるなら、散歩に行ったり、ペットホテルに預けたりして、来場者と接触させないようにします。

ペットと住んでいるだけで、マイナス評価にしてしまう方もいるのです。また、ペット嫌いやペットアレルギーの方もいるでしょう。ペット好きならば、ペットを気にしないと思われるかもしれません。

しかし、室内で犬や猫を飼っていて、家がまったく傷まないということはありえません。人間だけで住んでいるよりも、確実に傷むのは間違いありません。猫は壁や柱で爪を研ぎますし、粗相や嘔吐といった問題もあります。

ペットのニオイは強烈なものです。粗相をして床に染み込んだニオイは、床・畳を替えないと消えないほどです。「ペット可」の物件は傷みが激しいことを知っている方は、内覧時にペットを見た瞬間に対象外とすることもあります。

【参 考】
なかなか売れない!不動産売却時の値下げのタイミングは?
それでも買い手がつかない場合は?(売れない土地を処分する)

オープンハウスのここに気をつけたい

ペット、タバコなどのニオイは、極力無臭にしておきます。芳香でごまかすのではなく、無臭にしてしまうのです。

オープンハウスを開催する前に、消臭剤で悪臭を無臭化しておきましょう。エアコン内部のカビも鼻につきますので、エアコン掃除をしておきましょう。

掃除をする時間がないときは、室内の空気だけでも入れ替えます。すべての窓を開けて、空気の流れをスムーズにしましょう。

10分ほど空気の入れ替えをすれば、室内臭はかなり軽減されます。家庭のニオイは、家族はなかなか気づかないものです。

毎日そこに住んでいると、ニオイに対して麻痺してしまい、本人たちは気づかないなんてことも多いのです。親族や友人など、身近な人たちにチェックしてもらうのも一案でしょう。

夏場は生ゴミのニオイが強烈になります。ゴミの日まで数日ある場合は、ニオイの強そうな生ゴミの一部を冷凍しておくなどの工夫も必要でしょう。洗濯物を干すのは、オープンハウス当日は避けましょう。

生乾きのニオイは不快なものです。宗教に関するものは、なるべく取り除いておきます。宗教に対して、嫌悪感、誤解などを抱いている方は多いのです。信者同士でなければ、印象を悪くする可能性のほうが高いです。

オープンハウスに長けた不動産会社ならこちらの不動産一括査定サイトを利用すれば簡単にみつかります。

不動産一括査定サイトを利用しよう

オープンハウスを検討している売り手の方は、宣伝・販売の実績が豊富な不動産会社を利用したいものです。オープンハウスで自宅をどのように演出するかにより、買い手からの評価は大きく変わってくるものです。

売り手が独自の方法で演出しても、高評価になるとは限りません。室内をキレイに飾り付けしても、買い手の好みと合わないかもしれません。よいと思ってやったことが、裏目に出てしまうことがよくあるのです。

演出の方法は、その道のプロに聞くのが一番です。「クリーニングをしたほうが高く売ることができる」「ペットは一時的に散歩させましょう」などと、具体的なアドバイスをしてくれます。

不動産を高く売るには、売り出したときがチャンスなのです。売却まで長期化するほど買い手はつかなくなり、売れ残ってしまうものです。オープンハウスは、物件の第一印象を決める大切な場なのです。最初のイメージが悪いと、あとからプラス要素を提示しても、あまり効果はないのです。

オープンハウスが非常に得意な不動産会社ならこちらの不動産一括査定サイトを利用すれば容易に見つかるはずです。複数の不動産会社を比較することで自分にぴったりの業者が見つかるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ