いくらで家が売れるか相場を把握。市場は思いのほか価格に敏感

市場は相場(価格)をよくチェックしています。まったく関心を示してもらえなかった物件が、わずかな値下げによって急に人気物件になることがあります。

3,000万円の物件と2,900万円の物件では、たったの100万円しか差がありませんが、後者のほうが数値以上に売れやすいのです。

不動産業者が100万円の値下げを提案してきたとき、「その程度の値下げじゃ売れるわけがない」と言われる売り手(売主)は多いのですが、実際に値下げすると、その効果におどろかれる方も多いのです。

「3,000万円だと予算が少し足りない」と感じている買い手(買主)は、2,900万円になればアクションを起こすことも少なくありません。市場は思いのほか相場(価格)に敏感なものです。

売り手(売主)は人気がないと思っている物件でも、市場は「高くて買えないけど、物件に対する興味はある。」と考えているかもしれません。

不動産はひとたび人気が出ると、次から次へと買い手(買主)がつくことがあります。「誰かに買われたくない」という焦りも生じるのでしょう。

今まで様子を見てきた人が、わずかな値下げに反応して申し込んでくるケースも多々あります。

不動産の価格というのは、プロの業者もハッキリと断定することができません。相場という言葉は、いわば平均のようなものです。

価格を決める要素があまりにも多く、さらに買い手の予算が大きく影響するので、「この物件は○○○○万円で売れる」とは言いにくいのです。

ちょっとしたきっかけで売れることも

家の価値というのは、非常にあいまいなものです。売りたくてたまらないのに、まったく売れないこともあれば、意外なほど簡単に売れることもあります。売買契約というのは、買い手(買主)があって成立するものです。

売り手(売主)と不動産業者が売り出し価格などの設定を行っても、その金額で売れるわけではありません。買い手(買主)が物件に対して、「どのくらい魅力を感じ、どのくらいの費用(予算)を捻出できるか」がポイントなのです。

値下げをすれば物件は売れやすくなりますが、どこまで下げれば売れるのか?これはプロの不動産業者でもわからないのです。そのため、少しずつ値下げしながら、市場の動向を観察していくことになります。

すぐに売るためには、一気に価格を引き下げるのが効果的です。売り手の売却計画によっても、値下げ幅を変える必要があるわけです。いずれにせよ、むやみに値下げをするのはいけません。

3,000万円では売れなくとも、2,900万円まで値下げしたとたんに問い合わせが殺到することはあります。この場合、最初から2,700万円まで下げることは損だとわかるでしょう。

【参 考】
遠隔地(海外在住含む)に住んでいる人のための不動産売却について

価格を高くしすぎない

家が売れない理由のひとつに、価格が高すぎることがあります。売り手の考える相場と、買い手が考える相場にはギャップがあります。売り手は市場の相場よりも、高く見積もってしまう傾向があります。

逆に買い手の場合は、値引きしてくれるのが当たり前だと考えています。不動産売買をするときは、買い手からの値引き交渉があると思っていいでしょう。

不動産には、「ここまで下げると急に売れやすくなる」というラインがあります。これはプロの業者といえども、判断が難しいところです。逆に「これよりも上げると売れにくくなる」というラインもあります。

人気物件にもかかわらず、相場に10%上乗せするだけで、急に問い合わせが減ることもあるのです。どんなに魅力的な物件でも、買い手に予算がなければ買うことはできません。

売り手は高く売りたいのが本音でしょうが、高くしすぎることで売却時期を遅らせ、さらに物件の価値が下がることを忘れてはいけません。なかなか売れない物件には、買い手も興味を示さないものです。

「欠陥・不具合があるから、いつまでも売れ残っている」と考える方もいるでしょう。売れ残り物件になる前に、売り切るようにしたいものです。

モデルルームを作る理由は?

モデルルームの建設には、相当な費用がかかるのです。

住宅のサンプルのようなものですから、素人考えではコストを抑えていると思うでしょうが、数千万円もかかっているのが現状なのです。

モデルルームはプレハブでできています。そのため、本来であれば一般的な家よりもかなり安くなるはずですが、内装にかなりの費用をかけています。その費用の相場は2,000万円にもなるのです。

なぜ、これだけお金をかけるかというと、お金をかけたほうが利益につながるからです。2,000万円の内装費は相当に高いものですが、それ以上の宣伝効果が期待できるのです。

憧れのマイホーム購入を考えるとき、多くの方は外装よりも内装に着目するはずです。実際に部屋を見て判断することが多いのです。部屋が汚くて粗末ならば、安くてもなかなか購入してもらえないのです。

モデルルームは、買い手のイメージを膨らませるために役立ちます。「こんな家に住んでみたい」と思わせることが理由なのです。

内装に費用をかけなければ、モデルルームの建築費はずっと安くなりますが、宣伝力も低くなってしまいます。契約につながらない投資は、デメリットしかありません。

通常、プロと呼ばれる不動産会社ですら、見栄えをよくするためモデルルールを設営するくらいですから、一般の人も1円でも高く入りたいのであれば、ぜひ見栄えにこだわって欲しいものです。

オープンルームを開催するときは、水回りを綺麗にしておく。全部屋の照明をつけるなどして部屋を明るく見せる演出などは非常に重要です。

オープンルームが得意な不動産会社や自分にぴったりの不動産会社なら、こちらの不動産一括査定サイトを利用すれば簡単に見つかります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ