「家を高く売りたい人のための17のポイント」の記事一覧

100%売主の味方のソニー不動産とは?

皆さん家を売りたいと考えた際に、まずはじめに不動産仲介会社に「今の家がいくらくらいで売れるのか?」査定を依頼すると思います。 その後、不動産仲介会社と媒介契約を締結して、売却活動を行います。 不動産会社選びに失敗すると大・・・

理想の不動仲介会社の条件とは?

媒介契約が1ヶ月更新の業者 不動産業者との媒介契約は3ヶ月(宅地建物取引業法で定められている最長契約期間)がほとんどです。しかし、不動産会社の中には媒介契約が最短1ヶ月から可能な業者があります。 短いから良いというわけで・・・

こんな不動産仲介業者はダメ!

マンション売却の極意でも解説させていただきましたが、家を早く売るためには不動産仲介会社の選定が非常に重要となってきます。 何を今更と思われるかも知れませんが、これほど消費者側の情報が不足している業界もあまり無いため、今日・・・

家を売る場合の告知義務に関するQ&A(その1)

家を売りたいのですが、隣人が精神障害者なのでいろいろと面倒があります。建築予定地の建物を解体しているとき、隣人が静かにしろと怒鳴り込んできたのです。 事前に解体作業を行うことは告げて了解を得ているのですが、感情の起伏が激・・・

家を売る場合の告知義務に関するQ&A(その2)

家を売りたいのですが、仲介業者を介すると手数料が発生するので、個人間で売買契約したいと考えています。 そこで、業者を介さない場合は、告知義務は発生しないのでしょうか? 実は隣地との越境がハッキリしていないのですが、告知し・・・

家を売る場合の告知義務に関するQ&A(その3)

地元の不動産業者から中古の家を購入しました。購入後、引越しの荷物の配置を決めるために訪問し、その際にご近所に挨拶をしたのですが、以前孤独死があった物件だと聞かされました。 警察の事情聴取によって発覚したと言います。私とし・・・

家を売るか?貸すか?の判断はどうすればいいの。

質問 関西在住の者です。2年ほど前に40坪の新築一戸建てを35年ローンで購入しました。転勤のない職場だったので安心して家を購入したのですが、最近になって転勤を命じられました。 関西から関東に引越すことになるので、2年前に・・・

家を売る時、引き渡し期間を延ばすことができますか?

家を売るとき、引渡し期間を延ばすように買い手が言ってくることもあります。内覧会を開いて購入希望者が現れたとき、住宅ローンを利用してすぐに購入したいという話になることはよくあります。 例えば、売却を依頼した不動産会社から仮・・・

近隣がゴミ屋敷の時、家を売る際の注意点とは

家を売りたいけど、付近にゴミ屋敷があって困っている方はいるでしょう。 「住人は片付けることができない人」「ゴミ出しをしているのを見たことがない」「ひと気のない一軒家ならいいけど、住宅地にあるので非常に迷惑」「景観は悪くな・・・

権利証が無くても家を売ることができますか

「家を売りたいけど、権利証を紛失して困っている。再発行されないと聞いたので売ることは諦めた」 こうしたケースは多いのです。権利証は盗まれるよりはマシですが、見当たらないとなれば盗まれた可能性もあると考えるはずです。 外出・・・

親の家を売る際のQ&A

質問 父親名義の家を相続したのですが、売却を考えています。空き家にしておいても、価値が下がるだけですので。 父が購入した当初は4,500万円でしたが、先日不動産業者に査定を依頼したところ、1,800万円程度なら売却できる・・・

家の価格は、売主の希望価格で売る方法

このサイトを運営していて非常に良く受けるご質問が「購入希望者へは1円でも高く今の家を売りたいです。」 なんとかうまくいく方法がありますか?このようなご質問をよくいただきます。 そこで、今日は、「1円でも高く中古住宅を売る・・・

停止条件付不動産売買とは?

停止条件付不動産売買と言われても「ピン」と来ない方も多いと思います。 しかし、家を売る際には、停止条件付を知らないと不利な売買契約を締結させられる可能性がありますので、必ず停止条件付特約については、頭の中に入れておいてく・・・

売主の立場になってくれる不動産会社を探す方法

売りっぱなしの不動産会社には要注意でも解説しておりますが、世の中の不動産仲介業者の大半は、仲介したら仲介しっ放しです。 現在の自宅を貴重な財産としてなるべく高値で売買契約を成立させたいのであれば、アフターサービスのしっか・・・

瑕疵保険、インスペクションを上手に活用しよう。

不動産会社を選ぶ際、一般的に家を売りたい人は、「信頼」を重視し、家を買いたい人は、「情報」を重視する傾向にあります。 どういうことかと言いますと、家を売りたい場合は、自分たちの財産を託すため、「信頼」できる不動産会社に依・・・

家は売る前提で考える

このサイトは、住宅や土地などの不動産を高く売りたい人のために開設したサイトなのですが、「思いもよらない理由などで新築で購入したマンションを手放さなければならない。」人が後を絶ちません。 マンション売却を余儀なくされる理由・・・

両手仲介という取引スタイルは要注意

家を売る際に、チラシに騙されてはいけません。よく「あなたの物件を買いたい人がいます。」というチラシがご自宅に投げ込まれている。そんな経験をお持ちの方も多いと思います。 特に都心に住む方であれば、一度はこの手の文言が記載さ・・・

転勤で家を売る場合の注意点

私は現役時代、転勤(海外転勤含む)が理由で家を売りたい方向けの売却や賃貸のお手伝いをかなりさせていただきました。 転勤と一言でいっても、辞令を受けた方の心中は複雑です。 私は必ずと言っていいほど、家を売る理由を確認してい・・・

家を高く売るには既存住宅売買瑕疵保険が有効です。

このサイトをご覧の方は、不動産売買の取引を1回以上は経験された方も多いと思います。 皆さんの自宅つまり中古住宅を購入する買主にとって、新築住宅のように売主から10年間の瑕疵担保責任の保証を義務付ける制度がありません。 こ・・・

離婚などの止むを得ない事情で家を売る場合の注意点

まず、いの一番に確認しておかなければならないことは、売却代金で住宅ローン残債を全て返済できるか?が極めて重要です。 「よく売却損でますが?問題ないでしょうか?」といったご質問を受けますが、売却損が出てもローン残債が全て無・・・

売却困難な親の家を確実に売る方法

最も大変は不動産取引の一つとして、「親の家を売る」ことだと思います。 まずは、空き家数と空き家率のグラフをご覧ください。 (引用)総務省「平成25年 住宅・土地統計調査 画像をクリックすると拡大します。 空き家数、空き家・・・

家を売る理由は明確にしましょう。

新築住宅として購入したにも関わらず、わずか数年で売却する方は、売却理由を明確にしておいてください。家の購入希望者は、売買契約前には、必ずと言っていいほど、前所有者の「売却理由」が気になります。 例えば一般的な 「仕事の関・・・

家を売るベストなタイミングや手順とは

私が現役時代に問い合わせを受けた方からのご質問で最も多かったのが、「1円でも高く家を売却したいです。 家を売るベストなタイミングや手順はありますか?」このようなご質問を非常によくいただきました。 10年以上前はベストな時・・・

家を売る場合、リフォームをやっていると高く売却できる?

家を売る際によく相談される内容として最も多いのが、「高く売るためにはリフォームした方が良いのでしょうか?」という相談です。 家を売る際により有利な価格で売却するためには、「より有利に見せるか?」にポイントを置いて「リフォ・・・

家を売る場合、不動産業者選びが非常に重要です。

不動産会社へ販売活動を依頼する際には、媒介契約を締結することになります。 多くの場合は、専任媒介契約を締結することになりますが、方針がふらつくと痛い目に遭います。 仲介業者の担当営業が熱心に購入希望者を探してくれなかった・・・

いくらで家が売れるか相場を把握。市場は思いのほか価格に敏感

市場は相場(価格)をよくチェックしています。まったく関心を示してもらえなかった物件が、わずかな値下げによって急に人気物件になることがあります。 3,000万円の物件と2,900万円の物件では、たったの100万円しか差があ・・・

家を売る際の告知義務について

私は現役時代、媒介契約を受ける前に必ず「家を売る理由」を確認していました。理由は、売主が後々トラブルに巻き込まれることが無いようにするためです。 過去に売却理由を隠したがためにトラブルに巻き込まれた例は、非常に多く例えば・・・

家を売る際の売主の自覚と心構え

これから、不動産業者へ査定を依頼して本格的な売却活動に入られる方も多いと思います。 そこで今日は、これから中古住宅の売却を検討されている方へ売主としての心構えについて解説したいと思います。 心構えと言っても身構える必要は・・・

家を高く早く売る方法とは?

家を「高く」しかも「早く」売りたい。自宅の売却だけでなく、不動産を売りたい方であれば、誰もが望むことだと思います。 しかし、「高く」と「早く」は本来相反することです。「家を高く売りたい」のであれば、「時間」がかかりますし・・・

築30年経過しても資産価値が下がらないマンションとは?

このサイトを運営するようになって早いもので数年が経過しました。お蔭様で多くの方に訪問していただいております。 最近、よくいただくご相談として、築年数が30年、40年経過しても資産価値が下落しないマンションとはどんなマンシ・・・

家を売る際の価格交渉に応じる際の注意点

家を売る際には、価格交渉の話も出てくるでしょう。買い手は少しでも安く買いたいので、積極的に値切ってくるはずです。とはいえ、最初から値下げして売り出すのはいけません。 値下げすればするほど価値を低くしてしまうからです。価値・・・

「家を早く売りたい。」もしくは「現金化を急ぐ。」のであれば買取も視野に入れよう

中古住宅の売買は、仲介業者へ売却活動を依頼するため、不動産会社は極めて重要なプレーヤーだというのは、ご理解いただけるかと思います。 不動産売却では、あまり馴染みがないかも知れませんが、実は、買取業者も重要なプレーヤーでも・・・

家を売ることで火災保険料や住宅ローン保証料が戻ることも

マンションや一戸建てなどの家を売る際に受け取れるお金としては、買主からの売却代金だけではありません。 住宅ローンを組んでいる人は、売却によって一括返済したため残返済期間分の住宅ローン保証料が戻ります。 家を売るをお金が戻・・・

オープンハウスは積極的に!内覧時の対応で家の売れ行きが大きく変わる

オープンハウスにひと工夫こらすことで、売れ行き・物件価値は大きく変わってきます。家というのは新築に近いほど高く売却できるため、なるべくキレイにしておくべきです。 内覧される方は、非常に細かなところまで見ています。高額な買・・・

案内や内見が多いのに家が売れない理由は?

売れない土地を何とか処分する方法。でも少し触れさせていただきましたが、私が10年前に不動産仲介を行っていた際は、「売れない不動産は無い。」と断言できる程、「どんな不動産でも必ず良いところがあって、売れないのが営業マンの工・・・

空き家になった実家などの持ち家を高く売る方法

近年空き家が増えているのをご存じですか?実はこれは社会問題になりつつ有り、2030年には3棟のうち1棟は空き家になってしまうと言われています。 この問題には住宅が高く売れないという現実問題が反映されていると言われています・・・

家を売って売却益が出た場合の税金(譲渡所得税、住民税)について

今日は家を売る際に売却益が出た場合の税金について解説したいと思います。 現役時代は、耳にタコが出るくらい以下の質問を受けたので、まずは家を売った際に税金が発生するケースについて記述します。 不動産売却を行った際に購入時よ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ