売りにくいマンションを売る方法とは?(No2)

マンションには、売りやすいもの・売りにくいものがあります。後者を売却するのは非常に難しいですが、実力のある不動産会社ならば高く売却することが可能です。

売りにくい物件にも適切な売り方があり、どんな物件でも実力のある業者は高く売るのです。売りやすい物件は、規模の大きなマンション、立地条件がよく通勤・通学の利便性が高いマンション、築年数が短いマンションなどです。

これらと相反する物件は、売りにくいと考えていいでしょう。築年数が古いマンションは、相場価格が下がってしまうのは事実です。

仲介業者に査定を依頼した場合も、古い物件ほど安くなるものです。こうした物件を高く売るためには、なるべく新築に近いように見せることです。

内覧をした購入希望者が「新築とあまり変わらない」と感じれば、中古でも高く購入してくれる可能性があります。

中古物件を探している買手は、安さだけにこだわっているわけではありません。コストパフォーマンスを重視しているケースが多く、「新築と同じお金を出すならば、ワンランク広いマンションに住みたい」と考えている方も少なくありません。

物件に不具合がある場合は、リフォームやクリーニングをする必要があるでしょう。悪い部分をそのまま放置しておくのはマイナスポイントとなります。

特に水回りに関しては神経質になる買手が多いため、キレイにして売り出したいものです。水回りに問題があるだけで、それ以外が魅力的でも購入に至らないケースは多いのです。

生活の中心の場となる空間ですから、ここが汚れているだけで買手からみた価値は大幅に下がってしまうのです。

リフォームするのは得か損か?

よく不動産売却において、リフォームをすると損をすると言われていますが、これは状況によって変わってきます。新築に近い物件ですと、リフォームをするメリットは薄れてしまうでしょう。

リフォームにかけた費用が、そのまま売却価格に反映できるわけではありません。費用対効果が低いならば、そのまま売り出したほうが得になるでしょう。

中古物件の場合ですと、リフォームをしたほうがいいケースが増えてきます。水回りが汚い、屋根・外壁が傷んでいる、といった状況は物件価値を著しく低下させます。

水回りのクリーニングをするだけで、買手は100万円以上も高い購入価格を提示してくれることもあるのです。マンションも見た目で評価されますので、見た目が悪いと高くは売れないと考えていいでしょう。

ただ、リフォームをしないほうが買手にとって嬉しい場合もあります。売手の意思で行うリフォームというのは、買手にとって満足できるものとは限らないでしょう。

売手と買手の好みは異なるため、買手としては自分でリフォームしたいと考えているかもしれません。こうした場合は、クリーニングだけ済ませてそのまま売却したほうがいいのです。

リフォームを検討する売手の方は、見栄えをよくするためのリフォームなのか、不具合を直すためのリフォームなのか、事前に認識しておく必要があるでしょう。

【参 考】
成功するマンション買い替え~引き渡しまでの期間が長い場合
成功するマンション買い替え~売るのが先か、買うのが先か

同マンションの居住者を狙ってみる

不動産売却では、専任媒介で業者選びをしていくのが好ましいでしょう。不動産業者のモチベーションを高める効果があり、高く売却しやすいというメリットもあります。

仲介手数料を安くしてくる業者がいい業者ではありません。よい業者は、自分が売却したい物件の取引事例の多い業者なのです。

中古マンションの売却ならば、中古マンションの取引事例が多く、他社よりも高く売却できる業者が好ましいのです。取引事例が多いほどノウハウが確立されているものです。

例えば、マンションを売却する場合、同マンションの居住者を対象にすることで高く売れる可能性もあるのです。

マンションは部屋によって日当たり・風通しが変わってくるため、ほかの部屋に引っ越したいと考えている居住者もおります。

そうした方をターゲットにできれば、高い購入価格を提示してくれることが多いのです。不動産会社の一括査定サイトを利用すれば、複数社との比較が簡単に行えます。

売手はプロではないことが多く、よい業者を見極めるためには比較をするのが一番なのです。比較をしないと基準もわからず、業者の謳い文句をそのまま信用してしまいがちです。

最高の査定額を提示してくれる業者がいいとは限らないのです。仲介手数料を半額にしていても、販売活動をほとんどしないので、安い価格で取引に至るケースも多いのです。

自社のメリットをアピールする業者よりも、誠実な業者を選ばなくてはいけません。 「物件の状態・築年数なども考慮して、リフォームするべきか」といった売手の質問に対して、具体的にアドバイスしてくれる業者を選びたいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ