マンションの管理費は安ければいいの?

マンションの管理費は安いほうがいいと思う方は多いはずです。毎月かかるコストは家計を圧迫しますから、1円でも安くしたいと考えるのが普通です。

中古マンションを購入される方は、住宅ローンの支払いをしながら、管理費・修繕積立金などを用意する必要があるのです。これらの費用負担が重たく、マンションではなく、一戸建てを検討する方もいるのです。

しかし、一戸建ての場合もリフォームが必要になることを忘れてはいけません。マンションは毎月積み立てていくことが可能ですが、一戸建てのリフォームの場合は定期的に行う必要があるため、まとまった資金を確保しておく必要があります。

貯金が苦手な方ですとリフォーム資金を貯められませんし、たとえ確保しておいてもいきなり高額な費用がかかるため、お金を出すことがもったいなくなり、そのまま住み続ける人も少なくありません。

リフォームをしないと、家の資産価値は確実に下がっていきます。経年劣化によってどんな家も価値は下がりますが、下がり方が著しくなりますので、結果としてリフォームをしたほうが得になってしまうのです。

価値が下がれば売るときも安くなり本末転倒になるでしょう。コツコツとお金を貯めることが苦手な方は、あえてマンションを選ばれることも多いのです。

管理費・修繕積立金は必要なもの

マンションを購入される方にとって、管理費・修繕積立金・専用使用料は必要なものです。これらは共有部分のメンテナンス、大規模修繕などを行うときに使われるお金です。

区分所有者がマンションを売却するときも、メンテナンスをしっかりと行っておけば高く売ることができます。管理費・修繕積立金はマンションによって金額に差があります。

管理会社・管理組合と契約し、警備員が常駐しているようなマンションだと当然高くなります。一般的に高層マンション、高セキュリティマンションなどは費用が高くなるものです。

これらの費用は安いほうが嬉しいでしょうが、安さの裏には理由があると考えるべきでしょう。品質・サービスを維持したまま金額だけ下げることは通常できません。

安くするということは、どこかにしわ寄せがくるということです。管理・修繕が十分に行われず、月額の諸費用だけ安くされても意味がないでしょう。

住宅ローンの支払いに追われて、管理費を支払えない入居者も存在するのです。管理費・修繕積立金の滞納者が多く、資金が不十分であれば、それ以外の入居人にもしわ寄せがくる可能性があります。

共用施設が老朽化しても、そのまま放置しておくなどの問題が生じるかもしれません。また、今はこれらの費用が安くとも、将来的に追加請求される可能性はあるでしょう。

業者側が十分な資金を確保できずに、資金不足に陥ることも実際にあります。マンションの大きなメリットに、セキュリティの高さがあります。

管理業者が常駐しているマンションは管理体制が充実しており、安全性が高いものです。一戸建てと比較して、防犯カメラ・ブザーなどの防犯対策が充実しております。

これらの対策を自主的に行おうとすれば、相当な金額が必要になってしまいます。一戸建てよりも安く、さらに優れた防犯対策の恩恵を受けられるのがマンションの強みなのです。

【参 考】
このエリアで探している人がいます的な内容は、嘘かもしれません。
マンションの買取業者を利用する際の注意

自宅売却してマンションを購入する方へ

自宅売却をしてマンションを購入される方は、共有部分をよくチェックしておくべきでしょう。マンションの場合、専有部分だけで価値が決まるのではなく、共有部分の使い勝手も含めて検討されるものです。

例えば、バルコニーで喫煙して、他の入居人に迷惑をかけてしまうなど、マンションならではのトラブルも多いのです。喫煙者に対する風当たりが強い現在では、喫煙が原因のトラブルがよく起こっています。

マンションのデメリットには、部屋によって日当たりが変わってくることがあります。上層階に行くほど日当たり・見晴らしはよくなるものですが、避難に時間を要するというデメリットもあります。

マンションは上階に行くほど価格が高くなりますが、上階だから優れているとは言えないのです。高齢者が住む場合ですと、あえて下階を選ばれるケースも多いのです。

資産価値に関しては、個人で土地を所有できる一戸建てのほうが高くなる傾向があります。自宅の売却を考えている方は、不動産の一括査定サイトを利用しましょう。

いろいろな業者を比較し、自分に合った担当者がいる業者と契約することです。担当者には「これは外せない」という条件はしっかりと伝えておく必要があります。

「相手はプロだから、具体的に伝えなくてもいい仕事をしてくれる」とは思わないことです。プロといえども、あなたの考えていることを読めるはずがありません。話しやすくコミュニケーションを取りやすい担当者に依頼したいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ