マンション売却の際に使う不動産一括サイト サービスの内容と信頼性

不動産一括査定とは、オンライン上で情報を入力するだけで、複数社の不動産(仲介)会社に無料で査定依頼ができるサービスです。

あなたが入力しないといけない情報は

1.売却予定の不動産の情報
2.氏名やメールアドレスなどの個人情報

の2つだけです。

査定サイトには、大手不動産会社、地元の中小不動産会社など様々な種類の不動産会社が登録しています。したがってあなたにあった不動産会社を効率よく見つけることができるので人気です。

無料で査定依頼が出来る理由は、より多くの人が査定を申し込むようにするためです。不動産会社に顧客が紹介され、家やマンションが一件でも売れれば、不動産会社には大きな利益になります。

したがって不動産会社は、不動産一括査定サイトの運営者に顧客を多く紹介することを依頼します。

そして不動産一括会社サイトの運営者が不動産会社に顧客を紹介することで報酬を得られるようになっています。

こういったビジネスモデルなので無料で査定が出来ています。

不動産一括査定サイトの上手な使い方

不動産売却をする前に使いたいのが、不動産の一括査定サイトです。

いろいろな業者の口コミ・サービスの比較を行えるのがポイントで、査定(机上・訪問)はすべて無料となっています。

各社によってサイト名称は異なりますが、内容に大きな違いはありません。

不動産の一括査定サイトを利用すると、物件の本当の価値がわかってきます。各社により、200万円以上の差が出ることもあります。

複数の業者比較をすれば、各社との交渉もやりやすくなります。「3,000万円で売却したい」といった要望も聞いてくれるはずです。

売り手が相場を知らない状態ですと、「2,500万円が相場です」と言われれば納得してしまうでしょう。業者としては、相場を知らない相手と取引したいと思うものです。

物件を値下げすることで、買い手がつきやすくなるからです。査定には机上査定と訪問査定があります。無料査定という言葉を聞くでしょうが、一般的にすべての業者では無料にしています。

土地・マンションなどのエリア・種別を入力することで、大まかな相場(机上査定)がわかります。売却する意思がある方は、訪問査定を依頼して詳細な相場(訪問査定)を把握しましょう。

各社の性格を把握する

不動産業者によって性格が違います。「担当者の説明がわかりやすく、個人的に依頼したい」「この業者は電話対応が悪いので契約したくない」などなど。

いろいろな業者を比較するからこそ、相性もわかってくるのです。新聞の折込チラシによる宣伝では、業者比較が行えません。さらに、悪徳業者である可能性もあります。

一戸建て住宅、マンションなどの高額売却においては、悪徳業者には絶対に依頼してはいけません。それぞれの業者には得意分野があります。

「一戸建て売却が得意」「○○周辺エリアに特化している」「投資用物件を多数取り扱う」など。一方的にアピールしてくる業者から選ぶのではなく、売り手の目的に合った業者から選ぶ必要があります。

査定対象は3社程度で十分です。20社以上と比較できるサイトもありますが、現実的にこれらすべての業者と交渉することは困難です。メール、電話でのやり取りだけでも大変な労力です。

時間・スケジュールを考慮すると、現実的に3社と査定できれば十分です。時間に余裕のある方でも、最大5社が限度でしょう。本気で物件を売却したいなら、ぜひ訪問査定を依頼しましょう。

業者側も机上査定だけで、実際の査定額を提示するのは困難です。相場と「実際に売れる金額」にはギャップがあるものです。

【参 考】
ローン残債がマンションの売却金額を上回っている場合の対処法

一括査定のよい点

いろいろな業者と無料比較できることでしょう。1回の情報入力だけで、複数社と比較できるので便利です。比較対象から個別に業者を選択し、交渉していくことも可能です。

指定エリア、物件種別により、対象となる業者は異なります。やみくもに選択して依頼してしまうと失敗することになります。

匿名で査定できるサイトでは、簡単な情報入力だけで相場がわかります。個人情報を伝える必要がないので、査定後に勧誘されないのがメリットです。

個人情報を入力する場合、査定後に対象業者から電話がかかってきます。メール連絡のところもありますが、電話のほうが話は正確に伝わりますので、ほとんどの業者は電話連絡をしてきます。

電話連絡の内容は、訪問査定に関することが主です。大まかな相場については机上査定でわかっていますから、あとは実際の現地を見て実査定という話になります。

業者としては、「売り手は売却する気がある」と考えていますので、遊び半分で対応してはいけません。売却の意思がないならば、匿名サイト以外は利用を避けるべきでしょう。

一括査定の悪い点

査定後に、複数の業者の勧誘・宣伝を受けることでしょう。10社で比較すれば、10社からメール・電話連絡がきます。それぞれの業者の担当者から説明を聞いて、今後の訪問査定のスケジュールを組んでいくのです。

連絡は即座にきます。査定が終了した1分後に連絡がくることもあります。業者の営業時間内ならば、間髪いれずに電話がくると思ったほうがいいでしょう。

そのため、仕事中にサイトを利用するのはおすすめできません。休日の午前中など、時間に余裕のあるときに利用するべきです。

サイトを利用するときは、担当者の知識・対応力、見積価格の詳細なども確認することです。「なぜ、その金額になるのか?」を把握しておくことが大切なのです。

業者が提示してきた相場と、実際に売れる金額は異なると思ったほうがいいでしょう。高額提示をしてきた場合は、査定の根拠を聞いておく必要があります。

根拠があいまいな業者とは付き合わないほうが良いでしょう。サイトの利用のタイミングは、物件を売却したいときです。

「半年後に売却を検討しているので、あらかじめ相場を知っておきたい」という場合は、売却したくなったときに利用すればいいのです。不動産は刻々と価値が変動するものだからです。

不動産会社にも得意不得意分野がありますので自分にぴったりの不動産会社を選定することが非常に重要です。3社程度比較することで、自分にぴったりの業者が見つかるはずです。

マンション売却の際におすすめな一括査定サイト

第1位 HOME4U

オススメの理由

  • 査定累計20万件、年間利用者数400 万人を誇る一括査定サイト。
  • 悪質業者を一切排除!厳選された全国500社。

第2位 イエウール

オススメの理由

  • 登録不動産会社数No1
  • 対応エリア数No1
  • 売却に強い不動産会社登録数No1

第3位 スマイスター

おススメの理由

最短45秒のカンタン入力で全国800社の中から最大6社から査定を受けることが可能。時間の無い人には特におすすめ

匿名でマンション売却の査定は出来ます。

値段の正確性は欠けますが、匿名(メールや営業電話無し)でマンション売却の査定をうけることは可能です。

方法は2つあります。

① ポータルサイトの利用
② 匿名の査定サイトの利用

①ポータルサイトの利用

「at home」や「SUUMO」など、誰でも売物件が検索できる情報サイトで不動産の価格を調べる方法です。

ポータルサイトを利用するメリットは、他の競合物件がいくらで売られているのかを調べることができるので、大体の売り物件の値段が分かります。

一方デメリットは、売出価格しか分からないことです。売出価格と実際の成約価格に差があ
ることがあるので、値段の正確性に欠けます。

②匿名の査定サイトの利用

匿名査定サイトには、「HowMA(ハウマ)」や「HOME’Sプライスマップ」「IESHIL(イエシル)」といった無料査定サイトがあります。

匿名査定サイトは、物件を特定して査定するのでポータルサイトより精度の高い査定ができます。

マンションの場合は方位や階数によって値段が違ってきます。これらも加味して査定してくれます。また戸建の場合も築年数に応じで価格を査定してくれます。

ただ内覧などをするわけでは無いので、正確な値段は分かりません。内見をしないと不具合や破損等の減額要素をいれることが出来ません。

マンション売却の際に気になる評判。ただ業者の評判だけを見るのは…

口コミが物件の評価や価格に左右するようなことは稀(まれ)です。

不動産の売却では、売却する物件や売却時期あるいはその時の顧客の状況などのタイミングによって、口コミの評価と物件の評価が異なる場合が多くあります。

不動産会社の口コミも誰が言っているか分からない発言に身を任せて何百万もの売買をするのは馬鹿げています。

不動産業者を訪ねた際に、とにかくよく話を聞き、納得がいくまで質問をし、その時の対応などをしっかりとチェックして決めれば良いのです。

当然1軒だけではなく何軒かの不動産業者を回り、対応の仕方などに注意を払い、1軒を決めたらあとは信頼して任せましょう。

口コミが良くても、不動産業者の営業方針や担当者の営業方法が合わず、言いたい事やご自身の希望を十分に伝え切れない場合もあります。

口コミで参考にすべきものがあるとすれば、家の売却の成功談や失敗談です。

家を売却する際に部屋をどのようにしておいた方が良いかや、内覧希望者への対応などの成功例・失敗例を見て、家を売る際の参考にするのはとてもよいでしょう。

売却を任せた不動産の業者をどのようにして選定したか、また媒介契約を結んだ時の話など不動産業者を訪ねる前に参考になるものもあるので、そういった口コミは、頭に入れて家の売却に役に立てましょう。

マンション売却の成否は、業者の評判だけで決まりません。業者の賢い選び方

不動産売買は、物件地域(エリア)によって、業者選定を行えば良いです。

東京都内の都心物件など物件力があり、不動産会社の力量が問われない場合は、中小、大手関係なく一般媒介契約で広く不動産会社に依頼をすれば短期間で購入希望者が現れ、かつ売却希望価格で契約が成立する可能性が高いです。

また人気物件の場合はすぐ売れるので、査定を依頼する際は、仲介手数料を安くしてくれる業者へ媒介契約を依頼すると良いでしょう。

仲介手数料に関する考え方は、大手は1円も値引きに応じませんが、中小業者の方が値引き対応には柔軟です。したがって中小業者の方が良いでしょう。

地方都市の物件を売却する方は、地元密着の中小業者が良いでしょう。

理由は、地元の情報に精通していることと、不誠実なことを行うと地元での信用を無くしてしまいます。

大手と違ってネームバリューが無いため、信頼失墜=地元で営業が出来ないです。
また、営業担当者も地元での評判を大切にするため、不誠実な人が付くこともないです

失敗しない不動産業者選びに関してこちらも参考にしてください。

悪徳業者の見極め方と対処法

悪徳業者を見分ける手段として、自治体が保有している不動産会社の詳細データの確認などが挙げられます。

そこには、地区内の不動産会社の宅地建物取引業の免許の更新履歴、本業以外の業務、過去の罰則も記載されています。誰でも閲覧可能です。

この中でも、罰の履歴に関しては特に注目しましょう。悪質な不動産会社はここに汚点があるケースが多くなっています。

また悪徳業者の手口の具体的な事例で言うと両手仲介や囲い込み、干す、値こなしなどがあります。

両手仲介とは、売り主、買い主の両方から仲介手数料をもらうことです。特に大きな会社程こういったことをする傾向があります。

両手仲介の何がいけないかというと、売り出した物件に他業者から買いの問い合わせを受けても、紹介しないので高く売れたはずの物件が安い価格での売却になります。

こういった悪徳業者の特徴は、売り出した物件が売れないと売り主に伝えて、どんどん値段を下げていきます。

その他悪徳業者について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

もし悪徳不動産会社と契約を締結してしまった場合には、3ヶ月間の媒介契約期間が切れるのを待つ必要があります。

不審に感じたら、値下げ要求には応えず、とりあえず媒介契約期間が過ぎるのを待ちましょう。

あんまりにも不満がたまった場合は、担当の営業マンに連絡して、早期に契約を解除したいと伝えましょう。

自分側の都合による契約解除となるため、場合によってはこれまで業者が使った広告費の一部を請求されるケースもあります。

しかし、意外と何の請求もなく契約を解除できることも多いので、早めに言った方がよいかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ